ウィルスン・タッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィルスン・タッカー(Wilson Tucker, 1914年11月23日 - 2006年10月6日[1])はアメリカ合衆国SF作家、ミステリ作家。イリノイ州生まれ[2]。本名はアーサー・ウィルスン・タッカー(Arthur Wilson Tucker)。日本語表記はウィルソン・タッカーとも。

1930年代からはボブ・タッカー(Bob Tucker)としてSFファン活動を行なう[2]。1950年代以降はプロ作家として活動[2]スペースオペラという語の考案者であると言われる。またタッカーがジョークとして、作中の脇役に友人たちの名前をよく使ったことから、その種の脇役の命名方法を「タッカリゼーション」と呼ぶ。

長編SFでは時間ものの『静かな太陽の年』が代表作と見なされているほか、『長く大いなる沈黙』や「ギルバート・ナッシュ」シリーズなども有名。短編SFとしてはユーモアものの「観光案内」The Tourist Tradeと不条理ものの「ここは地球だ」This is Earthの二作が、日本では比較的よく知られている。ミステリの著書は日本語には一冊も訳されていない。

著作リスト[編集]

日本語訳のある長編のみ挙げた。

  • The Long Loud Silence (1951年)
  • The Time Masters (1953年)
    • 『時の支配者』※ギルバート・ナッシュもの
  • Wild Talent(The Man from Tomorrow) (1954年)
    • 『未来世界から来た男』(元々社)、『超能力エージェント』(早川書房)
  • Tomorrow Plus X(Time Bomb) (1955年)
    • 『明日プラスx』※ギルバート・ナッシュもの
  • The Year of the Quiet Sun (1970年)
    • 『静かな太陽の年』

脚注[編集]

  1. ^ 生没年月日はen:Wilson Tucker(14:59, 31 January 2009)より
  2. ^ a b c 『明日プラスx』(1971年10版)巻末「ノート」(厚木淳)より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]