ウィリー・ロニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリー・ロニ(Willy Ronis, 1910年8月14日-2009年9月12日)は、フランスの写真家。「ウイリー・ロニ」と記載されることもあり、さらに「ウィリー・ロニス(ウイリー・ロニス)」と英語風に表記されることもある。

パリに生まれる。

1930年代後半から写真家として活躍。パリの風景写真都市写真を多く撮影する。ライフ (雑誌)でも活動。ヴェニス・ビエンナーレ金賞(1957年)など受賞多数。

写真制作のみならず、複数の大学で写真教育にも携わる。

日本における知名度の低さに比べ、本国フランスでの知名度は高い。パリ市庁舎(Hôtel de Ville (Salon Saint-Jean))では、2006年前半に展覧会が催され、これは、2006年後半のロベール・ドアノーに先んじており、フランスにおいてそれだけの名声を勝ち得ていることを示している。

その他海外の展覧会[編集]

国内の展覧会[編集]

日本語の参考文献[編集]

  • 上記「写真のエコール・ド・パリ」展カタログ
  • ウィリー・ロニ1934-1987(トレヴィル、1992年)
  • 〈パリ写真〉の世紀(今橋映子白水社、2003年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]