ウィリー・ウィリアムス (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ウィリアムス
}
基本情報
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ セント・アン教区
ジャンル レゲエ
ルーツロックレゲエ
職業 シンガー
ソングライター
プロデューサー
活動期間 1960年代 -
レーベル スタジオ・ワン
ソウル・サウンズ
ハートビート
ブラック・スター
ジャー・シャカ・ミュージック
ドラム・ストリート
公式サイト www.williwilliams.com

ウィリー・ウィリアムスWilli Williams、あるいはWillie Williams)は、ジャマイカレゲエおよびダブ音楽家プロデューサー。ウィリー・ウィリアムスは、彼の初のヒット曲『Armagideon Time』[1]から、「アルマギデオン・マン」[2]の別名でも知られる。この曲はザ・クラッシュによるシングル「ロンドン・コーリング」のB面でもカバーされている。

キャリア[編集]

ジャマイカセント・アン教区で生まれる。トレンチタウンの総合高校に通っていたとき、クラスメイトにローウェル・チャールズ・ダンバー(後のスライ・ダンバー)がいた。初めてのレコーディングは1960年代中盤にウィリアムスがまだ14歳の頃にスタジオ・ワンで行われた[3]。しかし、この時はヒットするには至らなかった[3]

1969年には、レコードレーベル『ソウル・サウンズ』(Soul Sounds)を立ち上げ、デルロイ・ウィルソンのレコーディングを行うなどした。1974年にはカナダに移住し、オンタリオ州トロントキングストンの両方で過ごした。

1980年にコクソン・ドッドはウィリアムスを再びスタジオ・ワンに呼び戻す。ウィリアムスはコクソン・ドッドプロデュースの元、キーボーディストジャッキー・ミットゥたちと共に古いリディム[4]を使用した『Armagideon Time』を制作し、表題曲で有名になる[3]。この歌は後にザ・クラッシュにもカバーされ、映画『Ghost Dog: The Way of the Samurai』や、ゲームソフト『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』でも使用されている。

同時期にアルバム『Messenger Man』をリリースし、その後も自分のレーベルやジャー・シャカのレーベルからレコードを出す。2003年には自身のレーベル「Drum Street」から、『From Studio One to Drum Street』をリリースしている。

2007年現在もウィリアムスはトロントのアーティストVisionaryとアルバムを制作するなど、活動を続けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スタジオ・ワン、コクソン・ドッドによるレコーディング。
  2. ^ アルマギデオン = アルマゲドン
  3. ^ a b c シンコーミュージック『ルーツ・ロック・レゲエ』P.60
  4. ^ サウンド・ディメンジョンの「Real Rock」ダブやアルトン・エリスの「Reason in the Sky」リディムなど。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]