ウィリアム・レッグ (第2代ダートマス伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの政治家
ウィリアム・レッグ
William Legge
William Legge, 2nd Earl of Dartmouth.jpg
Nathaniel Hone による肖像(1777年)。
生年月日 1731年6月20日
没年月日 1801年7月15日(満70歳没)
死没地 ブラックヒース (Blackheath)[1]
出身校 オックスフォード大学
親族 初代ダートマス伯爵ウィリアム・レッグ(祖父)
ルイシャム子爵ジョージ・レッグ(父)
配偶者 フランシス・キャサリン

任期 1765年7月20日 - 1766年8月16日
国王 ジョージ3世

任期 1772年8月27日 - 1775年11月10日
国王 ジョージ3世
テンプレートを表示

第2代ダートマス伯爵ウィリアム・レッグ(William Legge 2nd Earl of Dartmouth PC, FRS[2]1731年6月20日 - 1801年7月15日)は、アメリカ合衆国の独立前後の時期に、閣僚級の要職を歴任したグレートブリテン王国政治家1732年から1750年までは、ルイシャム子爵 (Viscount Lewisham) として知られていた。

出自[編集]

父は、初代ダートマス伯爵ウィリアム・レッグの息子で、1732年に没したルイシャム子爵ジョージ・レッグ (George Legge, Viscount Lewisham) であった。母は、第3代男爵サー・アーサー・ケイ (Sir Arthur Kaye, 3rd Baronet) の娘であった[要出典]ウェストミンスター・スクールに学び[1]1748年オックスフォード大学トリニティ・カレッジ (Trinity College, Oxford) に入学し[3]1750年に祖父から伯爵位を相続した。

政治経験[編集]

伯爵となったダートマス卿は、1754年貴族院議員となった[1]1764年には、トーマス・ホーウェイス (Thomas Haweis) の提案を受けて、元奴隷商人のジョン・ニュートンチェスター主教 (Bishop of Chester) へ推薦し、ニュートンが聖公会聖職者として受け入れられる途を開いた。

ダートマス卿は、1765年から1766年までロッキンガム侯の内閣で商務大臣[4]を務めた後、1772年から1775年までノース卿の内閣で植民地大臣 (Secretary of State for the Colonies) 兼商務大臣を務めた[1]

1772年、イギリス領アメリカ北部インディアン関連局長官 (the Superintendent of Northern Indian Affairs in America) であった初代準男爵サー・ウィリアム・ジョンソンへの書簡の中で、ダートマス卿は、インディアンとの交易について新たな規則の導入は本国政府として得策ではないことを示唆した。ダートマス卿はジョンソンの主張に理解を示しながらも、どのような提案であれ、新しい規則は植民地側の同意を得られないだろうと述べた。

慈善活動[編集]

ダートマス卿は、インディアン教育を与え、キリスト教改宗させることを目的としてエリエザー・ウィーロック (Eleazar Wheelock) がコネチカット州レバノン (Lebanon) に設立しようとしていたインディアン慈善学校 (the Indian Charity School) に資金を提供するイングランドの信託財団に多額の寄付をするとともに、その理事として中心的な役割を果たした。後にウィーロックは、ニューハンプシャー州ハノーバーダートマス大学を創設したが、これは、ダートマス卿を讃える形で命名することが、一層の経済的支援につながると期待してのことであった。しかし、ダートマス卿は大学への資金提供は拒んだ。ダートマス卿はロンドンで、孤児などの養育にあたる新たな慈善団体であるファウンドリング・ホスピタル (Foundling Hospital) を支援した。ダートマス卿は1755年から、死去するまで、この団体の副会長の地位にあった。有名な画家であるサージョシュア・レノルズは、ダートマス卿の肖像画を作成し、ホスピタルに寄贈した。この肖像画は現在もファウンドリング・ホスピタルが所蔵し、ロンドンのファウンドリング博物館 (Foundling Museum) に展示されている。ダートマス卿は、1754年11月7日王立協会会員として承認された[5]

家族[編集]

ダートマス卿は、1755年サー・チャールズ・ガウンター・ニコル (Sir Charles Gounter Nicoll) の娘フランシス・キャサリン (Frances Catherine) と結婚した。息子たちのうち、六男アーサー (Sir Arthur Kaye Legge) は海軍提督、七男エドワード (Edward Legge) はオックスフォード主教 (Bishop of Oxford) となり、いずれも著名な人物となった。娘のシャーロット (Charlotte) は、初代フェバーシャム男爵チャールズ・ダンコム (Charles Duncombe, 1st Baron Feversham) に嫁いだ。ダートマス卿は、1801年7月に、70歳で死去し、長男のジョージが跡を継いだ。未亡人となった伯爵夫人が死去したのは、1805年7月であった。サンドウェル・バレー (Sandwell Valley) にあった一家の屋敷サンドウェル・ホール (Sandwell Hall) は、その後、解体された。

伝記[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d William Legge, 2nd earl of Dartmouth”. Britannica. 2013年11月4日閲覧。
  2. ^ 「IPC」は、枢密院議員、「FRS」は、王立協会会員であることを示す。
  3. ^ Hopkins, Clare (2005), Trinity: 450 years of an Oxford college community (2007 reprint ed.), Oxford, ISBN 978-0-19-951896-8 
  4. ^ 現在のen:Secretary of State for Business, Innovation and Skills の起源にあたる President of the Board of Trade のこと。First Lord of Trade とも称される。
  5. ^ Lists of Royal Society Fellows”. Royal Society. 2006年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
The Earl of Hillsborough
商務大臣
1765 – 1766
次代:
The Earl of Hillsborough
先代:
The Earl of Hillsborough
植民地大臣
1772 – 1775
次代:
ジョージ・ジャーメイン卿
商務大臣
1772 – 1775
先代:
グラフトン公
王璽尚書
1775 – 1782
次代:
グラフトン公
先代:
The Duke of Rutland
家政長官
1783
次代:
The Duke of Chandos
グレートブリテンの爵位
先代:
ウィリアム・レッグ
ダートマス伯爵
1750 – 1801
次代:
ジョージ・レッグ
ダートマス男爵
1750 – 1801