ウィリアム・ランキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ランキン
人物情報
生誕 1820年7月5日
イギリスの旗 グレートブリテン及びアイルランド連合王国 スコットランドの旗 スコットランド エディンバラ
死没 1872年12月24日
イギリスの旗 グレートブリテン及びアイルランド連合王国 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
市民権 イギリスの旗 イギリス
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
出身校 エディンバラ大学
学問
研究分野 物理学工学
研究機関 グラスゴー大学
主な業績 熱力学土木工学
主な受賞歴 ケイス・メダル英語版(1854年)
テンプレートを表示

ウィリアム・ランキン(William John Macquorn Rankine, 1820年7月5日 - 1872年12月24日)は19世紀イギリススコットランド)の物理学者、工学者、技術者。エディンバラ生まれ。1855年から終生、グラスゴー大学の欽定教授の任にあった。グラスゴーで没。父親も技術者であった。

物理学者としては熱力学の分野で業績を残した。長らく主流であった熱素説を否定し、「エネルギー」の用語と概念を導入した。ほぼ同時期のトムソン(ケルヴィン卿)、クラウジウスと並んで、熱力学の基礎を作った人物だと評価されている。温度の単位「蘭氏」(ランキン度)は彼の名前に因む。

参考文献[編集]

  • 日本大百科全書』小学館(1994年第二版)
  • The Encyclopedia Americana
  • Meyers Neues Lexicon
  • Grand Dictionnaire Encyclopédique Larousse

関連項目[編集]