ウィリアム・モーリス・ディヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・モーリス・ディヴィス
William Morris Davis
人物情報
生誕 1850年2月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 1934年2月5日(83歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ハーバード大学
学問
研究分野 地理学地形学地質学気象学[1]
研究機関 ハーバード大学
主な業績 地形輪廻
影響を
受けた人物
エルズワース・ハンティントン
イザイア・ボウマン
主な受賞歴 カラム地理学メダルペンローズ・メダル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ウィリアム・モーリス・ディヴィス(William Morris Davis、1850年2月12日 - 1934年2月5日)は、アメリカ合衆国地理学者地質学者地形学者・気象学者日本語においてDavisは、デービス、デイビス、デーヴィス、デイヴィスなどさまざまに表記される。

人物・生涯[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィアにてクエーカーの家庭であるエドワード・モーリス・ディヴィスとマリア・モット・ディヴィスの間に生まれた。1869年ハーバード大学を卒業し、翌年工学修士Master of Engineering)の学位を受けた。

3年間アルゼンチンコルドバで働き、1879年より地質学者のナサニエル・シェーラー(Nathaniel Shaler)の助手となりハーバード大学の地質学の教員として働き始めたが、ディヴィスは終生Ph.D.を取得しなかった。同年、マサチューセッツ州スプリングフィールドのエレン・ワーナー(Ellen B. Warner)と結婚する。

ディヴィスの最も影響力の大きい科学的業績は、いかにして河川地形を形成するかを示すモデルである地形輪廻(侵食輪廻)を提唱したことであり、1884年に初めて発表した[2][出典 1]。ディヴィスの地形輪廻は(大きな)河川は主に3つの部分、すなわち上流・中流・下流を持ち、それぞれが固有の地形や地形に関する特性を有することを示唆している。地形輪廻の概念は、チャールズ・ダーウィン進化論の影響を受けている[3]。一方で、人文地理学については自然環境の人間への影響を機械論的に論じ、環境決定論的な見方を示した[4]。ディヴィスの弟子に環境決定論で知られるエルズワース・ハンティントンがいる[3]

地形学の草創期に重大な貢献をしたにもかかわらず、多くの地形変化に関するディヴィスの理論は、ディヴィス流地形学(Davisian geomorphology)と時折呼ばれ、現代の地形学者から激しい批判がなされてきた。またディヴィスの後を追う研究者や彼の説や方法に懐疑的な者へのディヴィスの対応についても批判されている。事実。ディヴィスは退官するまで地形変化の研究をほぼ独占していたのであった。現代、「ディヴィス流地形学」という語は他者の科学論文に対して懐疑的な説を試みる時に、批判するために使われる。

ディヴィスはアメリカ地理学会(AAG)を1904年に立ち上げ、設立初期にナショナルジオグラフィック協会の学会誌『ナショナルジオグラフィック』に多数の記事を投稿することで同協会を巻き込んだ。この頃ディヴィスは地理学を地質学から独立させようと努力していた[3]

1911年、ディヴィスはハーバード大学を退官する。最初の妻の死去後の1914年にマサチューセッツ州ケンブリッジのメアリー・ワイマン(Mary M. Wyman)と再婚、彼女が死去すると、マサチューセッツ州ミルトンのルーシー・テナント(Lucy L. Tennant)と結婚した。1934年、84歳の誕生日を目前にしてカリフォルニア州パサデナで死去した。

著作[編集]

著書[編集]

論文[編集]

  • "地質学調査における地理学的方法"(Geographic methods in geologic investigations)National Geographic Magazine.1:11-26, 1888年
  • "ペンシルベニアの河川と谷"(The Rivers and Valleys of Pennsylvania)National Geographic Magazine.1:183-253, 1889年
  • "地理学的サイクル"(The geographical cycle)Geographical Journal.14:481-504, 1899年
  • "陸地の自然地理学"(The Physical Geography of the LandsPopular Science Monthly2:157-170, 1900年

脚注[編集]

  1. ^ Pruyne, John; Jon T. Kilpinen (1996年11月2日). “William Morris Davis”. Valparaiso University Department of Geography and Meteorology. 2010年8月18日閲覧。 “Davis' contributions cover the separate field of geography, geology, and meteorology.”
  2. ^ 地形学最初の理論と言われる。1899年発表された。
  3. ^ a b c 竹内・杉浦 編(2001):311ページ
  4. ^ 竹内・杉浦 編(2001):311 - 312ページ

出典[編集]

  1. ^ 米倉伸之「日本の地形研究史」/ 米倉伸之・貝塚爽平・野上道男・鎮西清高編著『日本の地形1 総説』東京大学出版会 2001年 33ページ

参考文献[編集]

  • 竹内啓一・杉浦芳夫 編『二〇世紀の地理学者』古今書院、2001年10月9日、386pp. ISBN 4-7722-6004-8
  • Richard Chorley, R. P. Beckinsale, and A. J. Dunn(1973)The History of the Study of Landforms.2, The Life and Work of William Morris Davis (Methuen)

外部リンク[編集]