ウィリアム・マーカム (アトランタ市長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・マーカム(William Markham, 1811年10月9日 - 1890年11月9日)は、アメリカ合衆国実業家ジョージア州アトランタにおける、著名な旅館経営者であった。

生涯[編集]

マーカムは1811年10月にコネチカット州ゴーシェンにおいて誕生した[1]。マーカムは1853年1月にアトランタへ移り、間もなく実業家としての評判を獲得した。

1853年11月、マーカムはアトランタ市長ジョン・ミムズの病気による辞任を受けて、後任の市長を決める特別選挙に立候補した。マーカムは特別選挙で勝利し[2]、1854年11月までアトランタ市長を務めた[3]。マーカムの在任中に完成した初代市庁舎は、1882年まで四半世紀近く使用された。

1858年、マーカムはアトランタ圧延工場を立ち上げ、経営者となった。1864年7月にアトランタの戦いが起こると、マーカムは市の降伏を求める市民委員会に加わった。アトランタは1864年9月に北軍に明け渡された。1870年、マーカムは急進党から2期目のアトランタ市長に立候補したが、民主党ウィリアム・エザードに敗れた。

マーカムは1875年11月15日にアトランタで最高級の旅館マーカム・ハウスを開業した。同旅館は107の客室と集中暖房システムを備え、市民生活の中心的存在となった。同旅館は1896年に焼失した。

注釈[編集]

  1. ^ Atlanta, p.313
  2. ^ Atlanta, p.37
  3. ^ Atlanta, p.40

参考文献[編集]

公職
先代:
ジョン・ミムズ
アトランタ市長
1853年11月14日 - 1854年11月12日
次代:
ウィリアム・バット