ウィリアム・ホィップル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ホィップル
ウィリアム・ホィップル
生誕 1730年1月14日
メインキタリー
死没 1785年11月28日
職業 商人、政治家
配偶者 キャサリン・モファット

ウィリアム・ホィップル・ジュニア(英:William Whipple, Jr.、1730年1月14日-1785年11月28日)は、現在のアメリカ合衆国ニューハンプシャーの代表としてアメリカ独立宣言に署名した者の一人である。

ホィップルはメインキタリーで生まれ、公立学校で教育を受けた後、船員になった。23歳までに船長になった。1759年、ニューハンプシャーのポーツマスで船を降り、兄弟との共同経営で商人として身を立てた。1770年から1771年の間のどの時点かで、従姉妹のキャサリン・モファットと結婚した。

1775年、住んでいた町の代表として植民地会議議員に選ばれた。1776年、ニューハンプシャーはイギリスに任命された政府を解散し、新たに植民地議会と執行委員会を再組織した。ホィップルは委員会委員となり、安全委員会の委員を務め、また大陸会議代表にも選ばれてこの職を1779年まで務めた。この時にアメリカ独立宣言に署名した。

1777年、ニューハンプシャー民兵隊の准将に任命され、スティルウォーターとサラトガの戦いにおけるジョン・バーゴイン将軍に対する遠征隊に参加して成功させた。この作戦中に1個旅団(ニューハンプシャー第9、第10、第13、および第16連隊)を結成し指揮を執った。またロードアイランドの戦いでは、別の旅団(ニューハンプシャー第4、第5、第15、およびピーボディ連隊とラングドンの軽装騎兵中隊)を指揮した。ホィップルの奴隷であるプリンス・ホィップルもホィップルに従って戦争に参加し、その後もずっと仕えた。

戦後、ニューハンプシャー邦最高裁判所の陪席判事になった。心臓病を患い、巡回裁判のための旅行中に馬上で気を失い死んだ。ニューハンプシャーのポーツマスにあるオールドノース墓地に埋葬された。1976年、アメリカ独立200周年祭にからみ、ホィップルの頭骨は地元の歴史協会によって移葬された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]