ウィリアム・プリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・プリースWilliam Pleeth, 1916年1月26日 - 1999年4月6日[1])は、イギリスチェロ奏者

ロンドンポーランド移民の子として生まれる。7歳の頃からチェロに興味を示し、10歳からロンドン・チェロ・スクールでハーバート・ワレンに師事。その後ライプツィヒに留学し、ユリウス・クレンゲルに師事している。

1940年にエイドリアン・ボールト率いるBBC交響楽団シューマンチェロ協奏曲を演奏してソリストとしてデビューした。1952年にはアレグリ弦楽四重奏団を結成して、室内楽でも活躍した。1977年からはメニューイン・スクールで教授活動にも従事していた。

教え子には、息子のアンソニーロバート・コーエン、そして夭折の天才チェリストとして名高いジャクリーヌ・デュ・プレなどがいる。

脚注[編集]

  1. ^ [1]