ウィリアム・プリディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・レイド・プリディ
William Reid Priddy
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1977年10月1日(37歳)
出身地 バージニア州リッチモンド
ラテン文字 William Reid Priddy
身長 193cm
体重 89kg
選手情報
ポジション WS
利き手
 
獲得メダル
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
オリンピック
2008 男子バレーボール
テンプレートを表示

ウィリアム・レイド・プリディ(William Reid Priddy, 1977年10月1日 - )は、アメリカ合衆国の男子バレーボールおよびビーチバレー選手。バージニア州リッチモンド出身。バレーボールアメリカ合衆国男子代表

来歴[編集]

出身地のリッチモンドからフロリダに移住した後、サマースクールの体育でバレーボールを始める。1994年にはアリゾナ州の高校選抜チームにも招集され、1995年にはセッターとして高校を州優勝に導いている。高校卒業後はいくつかの大学から誘いがあったがロヨラ・メリーマウント大学に進学し2000年に卒業した。

その後はイタリア、オーストリア、ギリシャ、韓国、ロシア、トルコと世界各国のクラブチームでプレイしており、現在はトルコのハルクバンク・アンカラに所属している。また2000年から2006年はビーチバレー選手としてもAVPツアーをまわっていた。

代表選手としては2008年北京オリンピックにおいてメダル獲得に貢献した。

特徴[編集]

前衛・後衛のいずれからも攻撃に参加でき、守備にも長けたオールラウンドな能力を持つ。若手の台頭著しい代表チームにおいても守備の要としてスターターに名を連ねており、コート内外でべテランとしてチームの精神的支柱を担っている。