ウィリアム・ブラウンカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2代ブラウンカー子爵
ウィリアム・ブラウンカー
サー・ピーター・レリーによる肖像画(1674年頃)
人物情報
生誕 1620年頃
 アイルランド王国コーク州キャッスルライオンズ
死没 1684年4月5日
イングランドの旗 イングランドロンドンウェストミンスター
居住 イングランドの旗 イングランド
出身校 オックスフォード大学
学問
研究分野 数学者
研究機関 Saint Catherine's Hospital
博士課程
指導教員
ジョン・ウォリス
主な業績 ブラウンカーの式
テンプレートを表示

第2代ブラウンカー子爵ウィリアム・ブラウンカー: William Brouncker, 2nd Viscount Brouncker、1620年頃 - 1684年4月5日)はイングランド人数学者医師王立協会フェロー(FRS)。ブランカーとも。

生涯[編集]

1647年、オックスフォード大学M.D.を取得。1660年からグレシャム大学の教授となった。王立協会創設に関わり、初代会長を務めた[1]キャサリン・オブ・ブラガンザに仕え、後に Saint Catherine's Hospital という病院の院長となった。

業績[編集]

放物線サイクロイドの長さの計算、双曲線求積などを主に行い、その中で必要に迫られ自然対数を無限級数で近似した。イングランドで初めて一般化された連分数に興味を持ち、ジョン・ウォリスの業績を踏まえて、円周率の一般化された連分数形式をもたらした。

ブラウンカーの公式[編集]

この式は、πの一般化された連分数形式である。

\frac4{\pi}= 1+1^2 / (2+3^2 / (2+5^2 / (2+7^2 / (2+9^2 / (2+11^2 / (2+13^2 / (2+15^2 / (2+17^2 / (2+\cdots

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brouncker; William (c 1620 - 1684); 2nd Viscount Brouncker” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、第2代ブラウンカー子爵ウィリアム・ブラウンカーに関するカテゴリがあります。

先代:
-
王立協会会長
初代: 1662-1677
次代:
ジョセフ・ウィリアムソン
先代:
ウィリアム・ブラウンカー
ブラウンカー子爵
第2代: 1645–1684
次代:
ヘンリー・ブラウンカー