ウィリアム・ヒックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『アップルトン百科年鑑』1884年版より

ヒックス・パシャ (Hicks Pasha) ことウィリアム・ヒックス (William Hicks, 1830年 - 1883年) 大佐イギリスの軍人、1849年にボンベイ軍に仕官しインド大反乱の鎮圧に当たリ、1859年にはシトカ・ガットの戦闘で敢闘章 (Mentioned in Despatchesを受けた。

1861年大尉となり、1867年にアビシニア遠征 (1868 Expedition to Abyssiniaに派遣され、栄誉を受け、1880年に名誉大佐として退役した。ウラービー革命が鎮圧された第二次イギリス=エジプト戦争 (1882 Anglo-Egyptian Warの結果、ヒックスはヘディーヴ(副王#オスマン帝国タウフィークにパシャに任命された。後のスーダンは1820年代からエジプトの侵攻を受けており、これに反発するマフディを名乗るムハンマド・アフマドの運動が1881年6月に白ナイルのアバー島で開始された[1]。ヒックスはマフディ軍の制圧を依頼されていた。マフディ軍はヒジュラに準えてコルドファンオベイドに遷都していた[1]。ヒックスは司令官としてのパシャであったスレイマン・パシャ・ニアジと1883年にハルツームで交替した。エジプト軍はファッラーヒーン8000人を新たに徴集した。ヒックスは5000人を率いてマフディに呼応するセンナールやハルツームのダルヴィーシュを討った。11月8000のエジプト兵とバシバズクと呼ばれる不正規騎兵1000人、クルップ砲4門、ノルデンフェルト機関砲6門を率いたエジプト軍は白ナイルのドゥエムからマフディ軍の討伐に向かい、目的地オベイドは遠征以前に陥落していたが、ダルフールを征服したスラティン・ベイことルドルフ・カール・フォン・スラティン (Rudolf Carl von Slatin救出のために作戦を続け、オベイドの南30マイルのシャイカーンでマフディ軍の待伏せにあい数百名を除き壊滅した。ヒックスの首はマフディのために持去られたという。

脚註[編集]

  1. ^ a b 大塚、2004

参考文献[編集]

関連文献[編集]