ウイリアム・ハーベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウイリアム・ハーベー

ウイリアム・ハーベーハーヴィーハーヴェーWilliam Harvey1578年4月1日 - 1657年6月3日)は、イギリス解剖学者、医師血液循環説を唱えた。

生涯[編集]

ケンブリッジ大学に学んだのち、イタリアパドヴァ大学で解剖学者ファブリキウスに師事して医学の学位を取得する。イギリスに帰国後、名医としての評判を確立し、1618年、当時のステュアート朝の国王であったジェームズ1世の侍医となる。ジェームズ1世の死後は、のちにピューリタン革命で処刑されるチャールズ1世に仕えた。1645年からオックスフォード大学マートン・カレッジの学長(Warden)を務めた(-1648年)。

1628年血液循環説を発表した。これは、激しい反論を呼んだ。特に、アリストテレスの説を信じる学者からの否定意見が多かった。

1642年に勃発した清教徒革命に際し、ハーヴェーはステュアート朝(王党派の側)を支持した。そのため、王党派の敗北が決定的になるとロンドン郊外に退いた。

反論への再反論は、1649年に冊子の形で行なった。

また,彼は発生学でも大きな足跡を残した。彼はシカの交尾前後からの発生の段階を観察し、アリストテレスの『胎児は月経血から生じる』という説を否定した。彼は哺乳類の卵を発見することはできなかったが、他の動物との比較からその存在を確信し、「すべては卵から」との言葉を残した。

邦訳著作[編集]

  • 『血液循環の原理』ハァヴェイ 暉峻義等訳 岩波文庫 1936
    • 『動物の心臓ならびに血液の運動に関する解剖学的研究』ハーヴェイ 暉峻義等訳 岩波文庫 1961
  • 『心臓の動きと血液の流れ』ウィリアム・ハーヴィ 岩間吉也訳 講談社学術文庫 2005

伝記[編集]

  • 中村禎里『血液循環の発見 ウィリアム・ハーヴィの生涯』岩波新書 1977
  • ジョール・シャケルフォード『ウィリアム・ハーヴィ 血液はからだを循環する』梨本治男訳 大月書店 2008

関連項目[編集]