ウィリアム・ダンピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ダンピア

ウィリアム・ダンピア(William Dampier, 1651年 - 1715年3月)は、イギリス海賊バッカニア)、船長、作家博物学観察者。ニューホラントオーストラリア)、ニューギニアを探検した最初のイギリス人。世界周航を2回成し遂げた最初の人物であり、3回目も達成した。

前半生[編集]

ダンピアは1651年6月8日サマセット州イーストコーカーで生まれ、洗礼を施された。彼は16歳で船乗りになった。エドワード・スプラグとともに第三次英蘭戦争に従軍し、1673年のスホーネヴェルト海戦(Battle of Schooneveld)を戦った。1674年ジャマイカで農園支配人になったが、すぐ海に戻った。

最初の世界周航[編集]

1670年代のダンビアは中米のスパニッシュ・メインを荒らし回るバッカニアの乗組員で、カンペチェ湾に2回訪れている。これが彼の最初の世界周航につながる。彼は1679年にダリエン地峡の太平洋岸におけるスペイン船拿捕に参加していたし、その海賊団はカリブ海に戻る前にペルーのスペイン植民地を略奪している。

クックという私掠船長との出会い(1683年)が、ダンピアの前人未踏の業績への道を決定づけた。クックはホーン岬経由で太平洋に入り、1年にわたってスペイン領(ペルー、ガラパゴス諸島メキシコ)を略奪した。この遠征は徒党を組んで行われ、艦隊は10隻もの船を擁したことさえあった。クックはメキシコで死に、デイヴィス船長が新たな頭目となった。ダンピアはチャールズ・スワン(Charles Swan)の船、シグネット号に転属した。1686年3月31日、彼らは太平洋を越えて東インド(グアムミンダナオ)を襲撃することにした。スワン以下37名を除く海賊たちは、マニラ、プロ・コンドール島、中国香料諸島、ニューホラント(オーストラリア)に達した。

1688年初頭、シグネット号はオーストラリア北西岸キング・サウンド近くに上陸した。船を修理する間、ダンピアは現地の動植物を記録した。その年、彼と船員2名は、掟によって、ニコバル諸島で置き去りにされた。彼らは小さな船を造り、スマトラ島のアチンにたどり着いた。さらなる冒険の後、1691年、ダンピアは喜望峰を回ってイギリスに帰還した。無一文だったが、貴重な手記を持って。

ローバック号の遠征[編集]

1697年に「最新世界周航記」として出版されたダンピアの手記は、イギリス海軍省に注目された。1699年には、ローバック号(HMS Roebuck)の指揮権を与えられ、オーストラリアとニューギニアを探検することになった。

1699年1月14日に出航し、7月26日にはオーストラリア西部、シャーク湾のダーク・ハートグ島に到達した。水を求めて沿岸を北東に進み、ダンピア群島、ローバック湾に達したが、水は得られず、ティモール島に向けて北上することになった。彼は東に進路をとり、1699年12月3日にはニューギニアを発見したが、北に通過した。東進し、ニュー・ハノーヴァー島ニュー・アイルランド島ニュー・ブリテン島とたどり、それらビスマルク諸島とニューギニアの間に横たわるダンピア海峡を発見した。

イギリスへの帰途、1701年2月21日、ローバック号はアセンション島近くで難破し、乗組員は5週間も島で過ごす羽目になった。4月3日イギリス東インド会社の船に救助され、8月にイギリスに帰還した。

書類多数がローバック号とともに失われたが、ダンピアはオーストラリア、ニューギニアに関する多くの新たな海図(海岸線、貿易風、潮流が記されている)を喪失から免れさせることができた。

帰還したダンピアは、虐待のかどで軍法会議に処された。往路の途中、ダンピアは乗組員ジョージ・フィッシャーを船から追放し、ブラジルで投獄させていた。フィッシャーはイギリスに戻り、海軍省に不服を申し立てたのだった。ダンピアは怒りに満ちた答弁書を書いたが、結局有罪とされ、航海の報酬を減らされ、海軍を解雇された。

2回目の世界周航[編集]

ダンピアは1699年~1701年の遠征の記録A Voyage to New Hollandを書いた後、私掠活動に戻った。

1701年に勃発したスペイン継承戦争に際して、イギリスの私掠船長たちはフランスとスペインの利権を叩く用意を進めていた。ダンピアは、政府船セント・ジョージ号(大砲26門、乗組員120名)の指揮官に任命された。ガレオン船シンク・ポーツ号(大砲16門、乗組員63名、Cinque Ports)と組み、1703年4月30日までともに行動した。

彼らはフランス船の襲撃に失敗したが、スペインの小船を3隻と、550トン船を1隻拿捕した。

この遠征で最も注目されたのは、アレキサンダー・セルカークを取り巻く一連の出来事である。シンク・ポーツ号の船長トーマス・ストラドリングと、航海長を務めていたセルカークとの間には、いさかいが絶えなかった。1704年10月、シンク・ポーツ号はチリファン・フェルナンデス諸島の無人島に補給のため停泊した。セルカークはシンク・ポーツ号の耐久性を強く懸念しており、ダンピアとの口論の後、島に置き去りにされた。セルカークは4年と4ヶ月もの間、島から出ることができず、彼の体験はダニエル・デフォーの小説ロビンソン・クルーソーの基となった。

セルカークの懸念はまったく正しかった。後日、シンク・ポーツ号は乗組員の大半を巻き添えに沈んだ。

ダンピアは1707年にイギリスに帰還し、1709年A Continuation of a Voyage to New Hollandを出版した。

3回目の世界周航[編集]

1708年、ダンピアは私掠船長ウッズ・ロジャーズのデューク号で航海長として働いていた。この航海は大成功を収めた。1709年2月2日にはセルカークを救助し、遠征で得られた利益は約20万ポンドにのぼった。しかし、ダンピアは分け前を受け取る前に、1715年ロンドンで死んだ。

影響[編集]

ダンピアは著名な人や物に影響を与えた。

著作[編集]

  • A New Voyage Round the World最新世界周航記1697年
  • Voyages and Descriptions1699年
  • #A Supplement of the Voyage Round the World
  • #The Campeachy Voyages
  • #A Discourse of Winds
  • A Voyage to New Holland(第1部が1703年、第2部が1709年

参考文献[編集]

  • Diana and Michael Preston, A Pirate of Exquisite Mind
  • Anton Gill, Devil's Mariner
  • Riccardo Capoferro, Frontiere del racconto. Letteratura di viaggio e romanzo in Inghilterra, 1690-1750, Meltemi, 2007.
  • ウッズ・ロジャーズ, Cruising Voyage Round the World, 1712.
  • Clennell Wilkinson, William Dampier, John Lane at the Bodley Head, 1929.

外部リンク[編集]