ウィリアム・スタンリー (第6代ダービー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第6代ダービー伯爵

第6代ダービー伯爵、ウィリアム・スタンリー英語: William Stanley, 6th Earl of Derby, KG1561年 - 1642年9月29日)は、イングランドの貴族。

経歴[編集]

1561年、第4代ダービー伯爵ヘンリー・スタンリー英語版とその妻マーガレット(第2代カンバーランド伯爵ヘンリー・クリフォード英語版の娘)の間の次男として生まれる。兄に第5代ダービー伯爵となるファーディナンド英語版がいる[1][2]

1594年4月11日、兄のファーディナンドが男子なく死去したため、第6代ダービー伯爵位を継承した[3]。兄の未亡人アリス英語版と所領の分割相続をめぐる裁判となり、15年にもわたって争うことになった[4]。最終的にこの件は1607年に議会にかけられ、故ファーディナンドの遺領に関する法律が定められたことで決着した[5]

1603年にはチェスターのチェンバレンに任命された[1]1607年にはランカシャー知事英語版に就任した[6]

アリスとの熾烈な遺産争いが終わった頃から平穏な生活を希望するようになり、音楽や演劇など趣味の世界に時間を費やすことが増えた[2]1625年チャールズ1世が即位した頃にはほぼ引退生活に入っていた。高まる国王と議会の対立にも巻き込まれないようにしていた[7]

1642年9月29日に死去した[1]

栄典[編集]

家族[編集]

1594年に第17代オックスフォード伯爵エドワード・ド・ヴィアーの娘エリザベス・ド・ヴィアー英語版と結婚した[8]。彼女との間に2男1女を儲けた。長男は先立って死去。次男が第7代ダービー伯爵となるジェームズ・スタンリーだった。娘のアンははじめヘンリー・ポートマン准男爵と結婚し、ついで初代アンクラム伯爵ロバート・カー英語版と再婚した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “William Stanley, 6th Earl of Derby” (英語). thepeerage.com. 2014年5月19日閲覧。
  2. ^ a b バグリー(1993) p.138
  3. ^ バグリー(1993) p.137-138
  4. ^ バグリー(1993) p.137-140
  5. ^ バグリー(1993) p.143
  6. ^ バグリー(1993) p.142-143
  7. ^ バグリー(1993) p.144
  8. ^ バグリー(1993) p.141

参考文献[編集]

公職
先代:
第4代ダービー伯爵英語版
(最後の在任者)
Cheshire Flag.svg チェシャー知事英語版
FlagOfLancashire.svg ランカシャー知事英語版

1607年1642年
同時在任者
ストレンジ卿(1626年 – 1642年)
次代:
空位時代英語版
Cheshire Flag.svg チェシャー副提督英語版
FlagOfLancashire.svg ランカシャー副提督英語版

1607年1638年
次代:
ストレンジ卿
イングランドの爵位
先代:
ファーディナンド・スタンリー英語版
StanleyArms.PNG 第6代ダービー伯爵
1594年1642年
次代:
ジェームズ・スタンリー
マン島の爵位
先代:
ロバート・セシル
Flag of the Isle of Mann.svg マン卿英語版
1609年1612年
次代:
エリザベス・ド・ヴィアー英語版