ウィリアム・スタンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・スタンリー
(William Stanley, Jr.)
人物情報
生誕 1858年11月28日
ニューヨーク州ブルックリン区
死没 1916年5月14日(満57歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
学問
研究分野 電気技術
研究機関 ウェスティングハウス・エレクトリック
主な業績 交流送電技術の開発
主な受賞歴 IEEEエジソンメダル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ウィリアム・スタンリー・ジュニア(William Stanley, Jr.、1858年11月28日 - 1916年5月14日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン区出身の物理学者である。生涯で電気装置全般にわたる129の特許を取得した[1]

生涯[編集]

スタンリーは、初期のメーカーで電鍵自動火災報知設備の工事をする電気技術者であった。ニューヨークで、彼は初期の電気設備の設計を行った。そのすぐ後、ジョージ・ウェスティングハウスがピッツバーグ工場の主任技術者として彼を雇った。

1885年に、ルシアン・ゴーラールジョン・ディクソン・ギブスの考えに基づく初めての実用的な交流の装置を開発した。この装置はインダクションコイル (Induction coil) と呼ばれた。現代の変圧器の元になるものである。このスタンリーの仕事により、ジョージ・ウェスティングハウスがピッツバーグで主任技術者として雇うことになった。

1886年3月20日、発電機と変圧器と高圧送電線からなる、初めての高圧交流送電の完全なシステムをデモンストレーションした。このシステムにより、広範囲に電力を供給することができるようになった。彼は、自宅のあるマサチューセッツ州グレート・バーリントン (Great Barrington) の目抜き通りで、オフィスや商店に電灯を点けるためにこのシステムを設置した。スタンリーの変圧器の設計がこの後の全ての変圧器の原形となり、また彼の交流送電システムが現代の電力伝送システムの基礎となった。彼が変圧器を実際に製造した最初の人間となった。

1890年に、マサチューセッツ州ピッツフィールドにスタンリー電気製造会社 (Stanley Electric Manufacturing Company) を設立した。1903年にゼネラル・エレクトリックがこの会社を買収した。会社が立っていた土地は、今ではピッツフィールドのバークシャーにあるウィリアム・スタンリー・ビジネスパークとなっている[2]

特許[編集]

スタンリーは広い範囲の製品や電気装置に関して129の特許を取得した[3][1]。主なものを以下に示す。特に重要なものを太字で示す。

関連文献[編集]

  • "William Stanley Dies", New York Times, May 15, 1916, pg 9, col 5.
  • "William Stanley" (Nov.22, 1858-May 14, 1916), Dictionary of American Biography, Vol XVII, Charles Scribner's Sons, New York, 1935, pg 514.
  • "William Stanley", The National Cyclopedia of American Biography, Vol XXIV, James T. White & Co., New York, 1935, pg 394.
  • William Stanley (1858-1916) — His Life and Work, Laurence A. Hawkins, The Newcomen Society in North America, New York, 1951.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Owen, E.L., Rediscovering William Stanley, Jr. Part I, Industry Applications Magazine, IEEE, Nov.-Dec. 2003 Volume 9, Issue 6 pg 9- 12 ISSN 1077-2618 INSPEC 7949020 DOI 10.1109/MIA.2003.1245790
  2. ^ William Stanley Business Park
  3. ^ Stanley
  4. ^ This is the 1886 Stanley-Westinghouse Lamp

参考文献[編集]

外部リンク[編集]