ウィリアム・シェパード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・マクミッチェル・シェパード
William McMichael Shepherd
NASA所属宇宙飛行士
誕生 1949年7月26日(64歳)
テネシー州オークリッジ
他の職業 技術者
階級 アメリカ海軍大尉
宇宙滞在期間 159日7時間49分
選抜試験 1984年NASA選抜試験
ミッション STS-27,STS-41,STS-52,ソユーズTM-31,第1次長期滞在,STS-102,
記章 Apollo 1 patch.png

ウィリアム・シェパード(William McMichael Shepherd、1949年7月26日-)はアメリカ合衆国宇宙飛行士で、国際宇宙ステーションへの初の長期滞在である第1次長期滞在の機長を務めた。宇宙名誉勲章の受章者である。

伝記[編集]

シェパードはテネシー州オークリッジで生まれたが、ニューヨーク州バビロンを自身の故郷だと考えている。テキサス州ヒューストンのベス・ストリングハムと結婚している。父のジョージ・シェパードは既に死去している。母のバーバラ・シェパードはメリーランド州ベセスダに住んでいる。

シェパードは1967年にアリゾナ州スコッツデールのアルカディア高校を卒業し、1971年に海軍兵学校航空工学の学士号を取得した。水中破壊工作基礎訓練課程の終了後、エリートのアメリカ海軍特殊戦コマンドに加入し、Navy SEALsの資格を得た。1978年にはマサチューセッツ工科大学機械工学海洋工学の修士号を得た。

NASA[編集]

シェパードは1984年にアメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士に選ばれた。1986年には、チャレンジャー号爆発事故後のチャレンジャーの引揚げ作業で、彼のNavy SEALsの訓練が思いがけず役に立った。シェパードはその後、1988年のSTS-27、1990年に探査機ユリシーズを展開したSTS-41、1992年のSTS-52と3度のミッションでミッションスペシャリストを務めた。

1993年、シェパードは国際宇宙ステーションのプログラム管理を任された。2000年10月31日から2001年3月21日まで、彼とロシア人宇宙飛行士のユーリー・ギジェンコセルゲイ・クリカレフは、初めての長期滞在となる第1次長期滞在を行った。

シェパードは、159日間以上を宇宙で過ごしている。

受章など[編集]

  • 2003年に宇宙名誉勲章を受章
  • NASAの"Steve Thorne"航空賞を受賞
  • 2009年に「宇宙飛行士の殿堂」に選出[1]

出典[編集]

  1. ^ U.S. Astronaut Hall of Fame at KSC Visitor Complex - Astronaut Scholarship Foundation, United States Astronaut Hall of Fame, retrieved 2009-05-04

外部リンク[編集]