ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン
ウィリアムソン(1863年)
人物情報
生誕 1816年11月24日
イギリスの旗 イギリスヨークシャー州、スカーブラ
死没 1895年6月23日 (満78歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
学問
研究分野 博物学古植物学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン(William Crawford Williamson、1816年11月24日 - 1895年6月23日)は、イギリス博物学者古植物学者である。

スカーブラで生まれた。父ジョン・ウィリアムソン園芸家から、地方では有名な博物学者になった人物で、ウィリアム・ビーンとともにヨークシャー沿岸の化石の出土地を最初に調査し、長期にわたってスカボロー自然史博物館の最初の学芸員を務めた。ウィリアム・ウィリアムソンは科学的な環境に育ち、科学者たちと知り合った。イギリスの地質学の父と称されるウィリアム・スミスは2年間ウィリアムソンの家に滞在した。母方の祖父は宝石職人で、鉱物の切断技術を学び、これは後のウィリアムソンの化石の研究に役立った。

ウィリアムソンは16歳にならないうちに、ヨークシャーの鳥類についての論文を発表し、1834年には Gristhorpe Man についての論文を書き、同年ロンドン地質学会に、自分の故郷の中生代化石に関する最初の論文を発表した。ジョン・リンドリーハットンの著作、Fossil Flora of Great Britain の執筆を手伝った。

ロンドンのユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで医学を学び、1841年にマンチェスターに戻り医者としても成功した。医学の勉強中も医者になった後も科学の研究を続け、3年間にわたってマンチェスター自然史学会の博物館の学芸員を務めた。

1851年にマンチェスターのオーエン・カレッジ (Owen's College) が創設されると、博物学の教授となり、地質学動物学植物学を教えた。地質学の分野では中生代の化石の分布、海洋堆積物の研究を行い、動物学の分野では魚類の歯や骨格の研究を行い、植物化石の研究ではアドルフ・ブロンニャールと並んで古植物学の分野の基礎を作った1人とされる。

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Williamson; William Crawford (1816 - 1895)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年5月2日閲覧。
  2. ^ Wollaston Medal” (英語). The Geological Society. 2012年5月2日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソンに関するカテゴリがあります。