ウィリアム・クリストル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・クリストル
ウィリアム・クリストル。2011年9月撮影
生誕 1952年12月23日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
出身校 ハーバード大学
職業 教授、評論家
著名な実績 アメリカ合衆国副大統領首席補佐官英語版(1989 - 1993)
宗教 ユダヤ教
配偶者 スーザン・シャインバーグ(1975 - )

ウィリアム・クリストル(William Kristol、1952年12月23日 - )はネオコン知識人の一人、『ウィークリー・スタンダード』誌編集長。アーヴィング・クリストルの子。

ハーヴァード大学で政治学の博士号を取得(1979年)。ペンシルベニア大学およびハーヴァード大学ケネディスクール政治哲学の講義を担当した後、レーガン政権の教育長官だったウィリアム・ベネットの首席補佐官、ブッシュ・シニア政権ではダン・クエール副大統領の首席補佐官などを歴任する。1997年、新シンクタンクアメリカ新世紀プロジェクト(PNAC)」議長に就任した。2008年にはジョン・マケイン共和党大統領候補の外交政策アドバンザーを務めた。

また1994年に、ジョン・ポドレツとともにネオコン系雑誌『ウィークリー・スタンダード』を創刊。『ニューヨーク・タイムズ』紙や『タイム』紙などにも寄稿している。FOXニュースのレギュラー・コメンテーターとしても知られる。

著書[編集]

共著[編集]

  • The War over Iraq: Saddam's Tyranny and America's Mission, with Lawrence F. Kaplan, (Encounter Books, 2003).
岡本豊訳『ネオコンの真実――イラク戦争から世界制覇へ』(ポプラ社, 2003年)

共編著[編集]

  • The Neoconservative Imagination: Essays in Honor of Irving Kristol, co-edited with Christopher DeMuth, (AEI Press, 1995).
  • Educating the Prince: Essays in Honor of Harvey Mansfield, co-edited with Mark Blitz, (Rowman & Littlefield, 2000).
  • Present Dangers: Crisis and Opportunity in American Foreign and Defense Policy, co-edited with Robert Kagan, (Encounter Books, 2000).
  • Bush v. Gore: the Court Cases and the Commentary, co-edited with E. J. Dionne Jr., (Brookings Institution Press, 2001).
  • The Future is Now: America Confronts the New Genetics, co-edited with Eric Cohen, (Rowman & Littlefield, 2002).