ウィリアム・クラブトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1639年の金星の日面通過を見るクラブトリー。(マンチェスターホールの壁画)

ウィリアム・クラブトリー (William Crabtree、1610年1644年頃)は、イギリスの天文学者である。1639年にエレミア・ホロックス金星の日面通過の最初の観測を行なった。

サルフォードのBroughtonに生まれ、マンチェスター・グラマースクールで学んだ。裕福な家の娘と結婚し、商人として働いたが、余暇は天文学の観測を行なった。1636年にエレミア・ホロックスと親しくなり、1639年ホロックスはランカシャーで、クラブトリーはサルフォードで金星の日面通過の観測を行なった。

1640年にホロックスが急死すると、その後のクラブトリーの天文学の活動についても伝わっておらず、没年も1644年、1650年頃とさだかではない。

外部リンク[編集]