ウィリアム・エドワード・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・エドワード・ホワイト
William Edward White
William Edward White.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ラマー郡ミルナー
生年月日 1860年
没年月日 不詳
身長
体重
?? cm
?? kg
選手情報
投球・打席 ??投??打
ポジション 一塁手
プロ入り 1879年
初出場 1879年6月21日
最終出場 1879年6月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリアム・エドワード・ホワイトWilliam Edward White, 1860年 - 没年不詳)は、アメリカ合衆国ラマー郡ミルナー生まれのメジャーリーグベースボール選手(内野手)。ビル・ホワイト(Bill White)とも呼ばれる。投打の左右は不明。

アメリカ野球学会の研究により、メジャーリーグで最初にプレーしたアフリカ系アメリカ人である可能性が示唆されている。

来歴・人物[編集]

ホワイトの球歴として分かっているのは、当時ロードアイランド州のブラウン大学に通う生徒で、大学のチームでプレーをしており、1879年6月21日にプロビデンス・グレイズの一塁手として1試合に出場、4打数で1安打、1得点を記録していることだけである。この時は負傷していたレギュラーのジョー・スタートの代わりとして出場し、翌日の試合には後の名選手であるジム・オルークにポジションを明け渡している。再びメジャーリーグでプレーしなかった理由は不明である。

2003年アメリカ野球学会がホワイトの経歴に関する研究成果を公表したが、それによると彼の父アンドリュー・ジャクソン・ホワイトはジョージア州でプランテーションを所有しており、母ハンナ・ホワイトはそこで働いていた黒人奴隷だった。1870年の国勢調査にあるウィリアム・エドワード・ホワイトの名前に一致する人物は、当時母ハンナと一緒に暮らしていた9歳の混血の男の子だったという。一方で1900年代の国勢調査記録では、当時シカゴに移り住んでいたブラウンは「ロードアイランド州出身」で、そこでは彼は「黒人」とはされていなかった。前者がグレイズのホワイトと同一人物であるとすれば、ホワイトは1884年にメジャーリーグで1年間プレーしたアフリカ系アメリカ人選手、モーゼス・フリート・ウォーカーよりも5年早くメジャーリーグでプレーしていた選手ということになる。

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1879 PRO 1 4 4 1 1 0 0 0 1 0 -- -- -- -- 0 -- -- 1 -- .250 .250 .250 .500
通算:1年 1 4 4 1 1 0 0 0 1 0 -- -- -- -- 0 -- -- 1 -- .250 .250 .250 .500

外部リンク[編集]