ウィリアムとメアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
King William III of England, (1650-1702).jpg Queen Mary II.jpg
ウィリアム3世(左)とメアリー2世(右)
天井画のウィリアムとメアリー

ウィリアムとメアリー(William and Mary)と英語でいう場合、特定の個人のことでなければ通常、ウィリアム3世と妻のメアリー2世によるイングランドスコットランドアイルランドの3王国の共同統治を指す。2人の共同統治は1689年2月に始まり、この時2人は名誉革命で「亡命したと考えられている」ジェームズ2世に代わって議会から招聘された。1694年にメアリーが死去すると、1702年に死去するまでウィリアムは単独で統治した。2人の統治は、イギリス史上平等の権力による「共同統治」が君主に認められた唯一の時代である[1]。イギリスの歴史において通常、君主の配偶者に君主権はなく、単に配偶者でしかない。

ウィリアムズバーグウィリアム・アンド・メアリー大学は、1693年に特許状が与えられ、2人に敬意を表して寄付と命名が行われた。

[編集]

  1. ^ 共同君主としては、スコットランド王ドナルド3世が甥エドマンドと共同統治を行った例(1094年 - 1097年)、イングランド王ヘンリー2世が自身の在位中に嗣子若ヘンリー王を王位に就けた例(1170年 - 1183年)がある。

関連項目[編集]