ウィノナ隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィノナ隕石(Winona meteorite)は、原始的エイコンドライトの1つである。ウィノナイトのタイプ種であり、これまでで群を抜いて大きなものである[1]

発見と命名[編集]

ウィノナ隕石は、ウィノナ (アリゾナ州)から命名された。この隕石は、1928年9月にシナグア族の村エルデン・プエブロの考古学発掘調査をしている際に発見されたと言われている。シナグア族は、この村に1150年から1275年まで住んでいた。この隕石は、ある部屋の石棺の中から回収されたと言われている[2][3]。しかし実際は、この隕石は、エルデン・プエブロではないシナグア族の別の村で発見されたものである[4]

隕石を石棺から取り出すと、ひどい風化作用を受けていたためにボロボロに崩れてしまった。最初の報告は、1929年に作成された。著者の意見では、この隕石は風化されすぎており正確な分類はできないというものであった。彼らは、この隕石は恐らくメソシデライトであろうと推測した[5][6]

鉱物学[編集]

隕石は、頑火輝石カンラン石隕鉄斜長石トロイライトで構成されている。随伴鉱物には、閃マンガン鉱燐灰石クロム鉄鉱ダウブリール石透輝石グラファイトがある[6]

出典[編集]

  1. ^ M. K. Weisberg; T. J. McCoy, A. N. Krot (2006). “Systematics and Evaluation of Meteorite Classification”. In D. S. Lauretta, H. Y. McSween, Jr.. Meteorites and the early solar system II. Tucson: University of Arizona Press. pp. 19–52. ISBN 978-0816525621. http://haroldconnolly.com/EES%20716%20Fall%2009%20Reading/Lecture%201/Background%20reading/Weisberg_etal_MESSII.pdf 2012年12月15日閲覧。. 
  2. ^ Winona”. meteorites.com.au. 2012年12月5日閲覧。
  3. ^ M. M. Grady Catalogue of Meteorites (5th ed.) Cambridge UP, 2000, p. 528.
  4. ^ A. L. Christenson "J. W. Simmons' account of the discovery of the Winona meteorite."Meteorite10(3):14-16, 2004
  5. ^ Heineman, R. E.; L. F. Brady (1929). “The Winona meteorite”. American Journal of Science 18: 477–486. 
  6. ^ a b Mason, Brian; Jarosewich, E. (31 May 1967). “The Winona meteorite”. Geochimica et Cosmochimica Acta 31 (6): 1097–1099. doi:10.1016/0016-7037(67)90083-X.