ウィッシングウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィッシングウェル
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年
死没 1999年(24歳没)
Understanding
Mountain Flower
母の父 Montparnasse
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
調教師 George A. Pope Jr.
競走成績
生涯成績 38戦12勝
獲得賞金 38万1625ドル
テンプレートを表示

ウィッシングウェル (Wishing Well) とは、アメリカ合衆国競走馬繁殖牝馬である。競走馬時代に重賞競走を2勝、日本ではサンデーサイレンスの母として知られている。

競走馬時代は、生産者の意向により当初はクレーミングレース(出走馬が売買の対象となるレース)を走り、やがて馬主のマイク・リマに購買された。1978年6月にリマに購入された直後から競走成績が向上し、G2競走のゲイムリーハンデキャップ(なお同レースにて後に第1回ジャパンカップを制することになるメアジードーツを破っている)、G3競走のウィルシャーハンデキャップなど12勝を挙げ、その引退後にケンタッキー州で繁殖入りした。

1986年に出産したサンデーサイレンスは、競走馬として1989年のエクリプス賞年度代表馬を受賞。種牡馬として日本で13年連続のリーディングサイアーを獲得した。他に出産した仔のサンデーズシス、ペニーアップは、後に繁殖牝馬として日本に輸入され、1992年に出産したマイライフスタイルは外国産馬として日本に輸入され競走馬として走り、引退後は繁殖牝馬となっている。

その後クールモアスタッドに購買されてアイルランドに渡り、1999年、同地において腸捻転で死去した。

血統[編集]

アンダースタンディングは競走馬時代に87戦を消化した頑健な馬で、スタイヴァサントハンデキャップに優勝している。種牡馬としては本馬以外に目立った活躍馬はいない。

産駒のサンデーサイレンスが種牡馬入りした際、父にリーディングサイアーのヘイローを持ちながら、血統面では高く評価されなかった。その理由はサンデーサイレンスにとって母の父に当たるアンダースタンディングの実績の乏しさと、本馬から4代母までは全て未勝利か未出走馬、数えて7代母まで重賞優勝馬がいないという母系(ファミリーライン)による所が大きいとされる。

7代母のシンナ1000ギニー優勝馬であり、9代母はイギリス牝馬三冠を制した名牝ラフレッシュである。しかしサラブレッドは選抜育種を重ねてきた事情から、ここまで辿れば多かれ少なかれ名馬に突き当たり、血統評論家の吉沢譲治は「ここまで遡らなければ名馬に当たらないことが特異」と述べている。

ウィッシングウェル血統テディ系Hyperion4×5=9.38%・母内)

Understanding 1963
栗毛 アメリカ
Promised Land 1954
芦毛 アメリカ
Palestinian Sun Again
Dolly Whisk
Mahmoudess Mahmoud
Forever Yours
Pretty Ways 1953
鹿毛 アメリカ
Stymie Equestrian
Stop Watch
Pretty Jo Bull Lea
Fib

Mountain Flower 1964
鹿毛 アメリカ
Montparnasse 1956
鹿毛 アルゼンチン
Gulf Stream Hyperion
Tide-way
Mignon Fox Club
Mi Condesa
Edelweiss 1959
鹿毛 アメリカ
Hillary Khaled
Snow Bunny
Dowager Free France
Marcellina F-No.3-e

外部リンク[編集]