ウィグワム作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯28度44分0秒 西経126度16分0秒 / 北緯28.73333度 西経126.26667度 / 28.73333; -126.26667

ウィグワム作戦

ウィグワム作戦(ウィグワムさくせん、Operation Wigwam)とは、1955年アメリカ合衆国が行った核実験のこと。

この実験は1946年に行われる予定であったクロスロード作戦・CHARLIEと基本的には同内容である。1955年5月14日カリフォルニア州サンディエゴの南西500マイルの海域で実施された本実験の目的は、潜水艦に対する核兵器の威力、つまり核爆雷としての核兵器の実効性を検証することにあった。なお、本実験の参加規模は人員6800名、艦艇30隻である。

Mk90核爆雷は水深2000フィート(およそ600メートル)に吊り下げられて爆発し、カメラや測定機器を搭載したSquawsと名付けられた3隻の小型無人潜水艇を用いて各種データを採取した。本作戦の実施にあたって特に問題は生じず、発生した放射能もごく軽微であった。

ウィグワム作戦
実験名 日時 (GMT) 核出力 場所
ウィグワム (Wigwam) 1955年5月14日13:45 30キロトン サンディエゴ南西500マイル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]