ウアラタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウアラタ (Oualata, ولاته) は、モーリタニア南東部の町。マンデ人ソナンケ人に近い農耕・牧畜民が最初に町を作ったと考えられている。彼らはモーリタニアのタガン高地 (Tagant) の断崖やティシット=ウアラタの切り立った岬に沿って暮らしていた。その地で、彼らはアフリカ大陸最古となる石造建築物を立てていたのである。

彼らが現在残る町を作ったのは11世紀のことである。当時は、ガーナ王国の一部だった。町は1076年に一度壊されたが、1224年に再建されると、サハラ交易の要衝として、またイスラーム研究の重要拠点として繁栄した。

現在のウアラタには手稿の博物館が残っている。また、独自の装飾を施した地元の伝統的建造物は、「ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタの古いクスール」としてユネスコ世界遺産に登録されている。

参考文献[編集]

  • この記事の初版は英語版から翻訳された。以下二点は翻訳時に英語版に掲げられていた文献である。
    • Mauny, R. (1971), “The Western Sudan” in Shinnie: 66-87.
    • Monteil, Charles (1953), “La Légende du Ouagadou et l’Origine des Soninke” in Mélanges Ethnologiques (Dakar: Bulletin del’Institut Francais del’Afrique Noir).

関連項目[編集]