イール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イールThe Eel)は、1936年から1942年にかけてパルプ誌で活躍した架空のキャラクター。「イール」はウナギ目の魚の意味。

カルチャー・パブリケーションズ (Culture Publications) 社が発行していた「スパイシー (Spicy)」誌に発表された。ヒュー・B・ケイブ (Hugh B. Cave) がジャスティン・ケース (Justin Case) のペンネームで書いた。

人物描写[編集]

「勇敢なアクションと疑わしいモラル」を供え持った怪盗である。

作品リスト[編集]

  • “Eel Trap” (Spicy Adventure Stories、1936年6月)
  • “The Evil Flame” (Spicy Mystery Stories、1936年8月)
  • “Dark Temple of Torment” (Spicy Adventure Stories、1937年1月)
  • “River of Blood” (Spicy Adventure Stories、1937年4月)
  • “Cavern of the Damned” (Spicy Mystery Stories、1937年5月)
  • “Eel Poison” (Spicy Detective Stories、1937年8月)
  • “Death Wears No Robe” (Spicy Detective Stories、1937年10月)
  • “The Eel Slips Through” (Spicy Detective Stories、1937年12月)
  • “Eel Bait” (Spicy Adventure Stories、1938年2月)
  • “Prisoner of Tituan” (Spicy Adventure Stories、1938年4月)
  • “The Widow Wears Scarlet” (Spicy Detective Stories、1940年10月)
  • “Annie Any More” (Spicy Detective Stories、1941年3月)
  • “The Second Slug” (Spicy Detective Stories、1941年7月)
  • “A Pile of Publicity” (Spicy Detective Stories、1942年1月)
  • “Eel’s Eve” (Spicy Detective Stories、1942年4月)