イーホル・スヴャトスラーヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーホル・スヴャトスラーヴィチ公。

イーホル[要出典]・スヴャトスラーヴィチ古ルーシ語: Игоръ Ст҃ославич, Игорь Святъславличьウクライナ語: І́гор Святосла́вич1151年 - 1202年)は、キエフ大公国時代のリューリク朝オーリホヴィチ家[要出典]シヴェーリア[要出典]公(1178年 - 1198年)、チェルニーヒウ公(1198年1202年)。チェルニーヒウ公スヴャトスラーヴ・オーリホヴィチ[要出典]の次男。日本語では名は「イーゴリ」とも表記される。

1161年アンドリーイ・ユーリヨヴィチ[要出典]公によるキエフへの出兵に参陣した。1174年ペレヤースラウの周辺でコンチャク・ハンコビャク・ハンが率いる欽察人の軍勢を破った。兄オレーフ・スヴャトスラーヴィチ[要出典]の死後、ノーウホロド=シーヴェルシクィイ[要出典]公となった。キエフ大公の座を巡る内紛に参加した。1183年、欽察人の領土へ出兵し、勝利を収めた。しかし、1185年に行った新たな出兵において惨敗を喫し、欽察人の捕虜となった。1185年度の出兵は『イーゴリ遠征物語』のモチーフとなった。その後、父の跡を継ぎチェルニーヒウ公をつとめた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]