イーハトーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーハトーブとは宮沢賢治による造語で、賢治の心象世界中にある理想郷を指す言葉である(表記についてはいくつかの変遷を経ている。後述)。岩手県をモチーフとしたとされており(詳細は後述)、言葉として「『岩手』(歴史的仮名遣で「いはて」)をもじった」という見解が定説となっているが、賢治自身は語源について具体的な説明を残しておらず、異説もある[1]

由来と変遷[編集]

賢治の作品中に繰り返し登場するが実はその語形には複数の形があり、年月とともにおおむね以下のような変遷をたどっている。

イエハトブ → イーハトヴ → イーハトーヴ → イーハトーヴォ/イーハトーボ → イーハトーブ

この語の成り立ちについて文献[2]によると、次の3点が挙げられる。

  1. 一貫して見られる語尾 -ov(o) の形は、ロシアの地名によくある語尾をもとにしたと推察される。
  2. 語尾が「ブ」「ヴ」から後に「ボ」「ヴォ」に変わったことについては、賢治がエスペラントに親しんだ事実やエスペラントでは名詞は -o で終わる語尾をもつことからエスペラントの影響であると推察される。
  3. 世間には「イーハトーブ」や類似の言い方をすべて含めて「エスペラント(を意識した言葉)である」などと解釈されることが少なくないが、これは正しい解釈ではない。

なお発音については「岩手」が由来であるとされたことから歴史的仮名遣による「イートーブ」ではないかという説もかつて唱えられたが、その後賢治が自筆した「IHATOV FARMER'S SONG」(日本語題は「ポラーノの広場のうた」)と書かれた楽譜が発見されたため、発音は「イートーブ」で正しいという見解に落ち着いている[1]

その他、房総で記録された宮沢賢治と同世代人のオーラルヒストリー録によると、次の意味として理解する者があったことがわかる[要文献特定詳細情報]

  • 「イ」は『人』べんなり。「ー」と「ハ」の字画と「トー」の字「十」をもって『平』を作る。「ブ」は「不」に二点をもって『衣』へんなり。即ち、縄(撚糸)で『衣』を発明した『人』『平』かなる縄文の世をいう。

賢治が同様に実在地名をベースとして造語し作中に登場させた地名としてはモリーオ(盛岡)、ハームキヤ(花巻)、センダード(仙台[3]、シオーモ(塩竈)、トキーオ(東京[4][5]などがある。

童話集『注文の多い料理店』広告ちらしによる説明[編集]

賢治が生前に出版した唯一の童話集である『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』の宣伝用広告ちらしの文章には、「イーハトヴ」について以下のような説明がなされている。この広告文自体は無署名だが、内容等から賢治自身によるものと推定されている。

「イーハトヴとは一つの地名である。強て、その地点を求むるならば、大小クラウスたちの耕していた、野原や、少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、テパーンタール砂漠の遥かな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。実にこれは、著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である。」

なお文中に出てくる「大小クラウス」はアンデルセンの『小クラウスと大クラウス』、「少女アリス」はルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』、「テパーンタール砂漠」はインドの詩人タゴールの詩篇「旅人の国」「渡し守」、「イヴン王国」はレフ・トルストイの『イワンのばか』からの引用である。

賢治以後の使用[編集]

宮沢賢治の作り出した「イーハトーブ」という言葉(またはその変形の言葉)は、彼の作品とともに日本では広く知られるものとなった。例えば、この言葉は以下の事物の名称で使われている。

岩手県を舞台やモチーフとした芸術作品のタイトルに「イーハトーブ」が使用される例も見られる。その中で、岩手県出身の作家三好京三の小説『分校日記』を映画化した『イーハトーブの赤い屋根』(熊谷勲監督・1978年)は最も早い部類に属すると推測される。ほかにもさだまさし1993年に発表したアルバム『逢ひみての』には岩手を舞台にした『イーハトーヴ』が、谷山浩子1979年に発表したアルバム『夢半球』には『イーハトーヴの魔法の歌』がそれぞれ収録されている。

岩手県奥州市出身のミュージシャン・大瀧詠一の変名の一つに「イーハトーブ田五三九」がある。岩手県釜石市出身のミュージシャン・あんべ光俊は『イーハトーブの風』という曲を作曲した他、自らのウェブサイトを「イーハトーブ・ウィンズ」と名づけている。

1993年には、スーパーファミコン用ソフト『イーハトーヴォ物語』がヘクトから発売された。この作品は、イーハトーブを訪れた主人公が住人たちと交流しながら賢治の七冊の手帳を探し求めていくという内容のアドベンチャーゲームである。賢治作品に登場した人物や動物たちがイーハトーブの住人として登場し、原作から引用されたエピソードも数多く盛り込まれている。

1996年に、賢治の生涯をモチーフとした単発のテレビアニメ『イーハトーブ幻想〜KENjIの春』が放映されている。

KONAMIの音楽ゲーム『pop'n music』では「アルビレオ」という猫のウェイターが楽曲の担当キャラクター登場しており、彼の出身地がイーハトーブである。また、担当曲の固有ジャンル名もアイディア段階では「宮沢賢治」だった。キャラクターの名前も銀河鉄道の夜からとられている。

MacOS XのFont Bookにおいて日本語フォント選択時に「イーハトーヴォ」で始まる文例が表示されるが、これは『ポラーノの広場』の一節を引用している。

2005年には賢治にゆかりのある岩手県内の5か所(2006年に1か所を追加)が「イーハトーブの風景地」として、文化財保護法に基づく国指定の名勝に指定された。

2012年、作曲家冨田勲は宮沢賢治の作品イメージに沿った『イーハトーヴ交響曲』を作曲。日本フィルハーモニー交響楽団により東京オペラシティコンサートホールで初演奏された[6]

類似の架空地名[編集]

「実在の地名を外国語風に言い換え、架空の地名として使う」という手法も広く使用されるようになった。たとえば井上直久の「イバラード」(大阪府茨木市)、ますむらひろしの「アタゴオル」(千葉県野田市の愛宕)などが挙げられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 米地文夫「宮沢賢治の創作地名「イーハトヴ」の由来と変化に関する地理学的考察」 (PDF, 『岩手大学教育学部研究年報』第55巻第2号 1996年 p45 - 64)
  2. ^ 佐藤勝一、「イーハトーヴォ」はエスペラントか[リンク切れ]アーカイブ)『街 もりおか』1986年8月号から
  3. ^ 佐藤竜一によると日本における仙台のエスペラント表記は当初は「センダー」であったが、現在ではこの賢治の作った表記が一般化しているという(佐藤「宮沢賢治とエスペラント地名」、『宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報No.25』2002年)。
  4. ^ 童話『税務署長の冒険』には「トケイ」という表記もある。
  5. ^ 尚、トキーオ(Tokio)自体は一般のエスペラントでも東京を表す。
  6. ^ 冨田勲新制作「イーハトーヴ」交響曲世界初演公演 Billboard CLASSICS