イーサン・アレン級原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーサン・アレン級原子力潜水艦
USS Sam Houston
艦級概観
艦種 弾道ミサイル原子力潜水艦
計画番号
艦名 人名。1番艦はイーサン・アレンに因む。
前級 ジョージ・ワシントン級原子力潜水艦
次級 ラファイエット級原子力潜水艦
性能諸元
排水量 6,400t
全長 125m
全幅
吃水
予備浮力
機関 原子力ギアード・タービン推進
GE S5W原子炉 1基、15,000SHP
電池
最大速力
潜航深度
航続力
乗員 112名
探索装置
武装 ポラリス弾道ミサイル 16基、533mm魚雷発射管 4門

イーサン・アレン級原子力潜水艦(イーサン・アレンきゅうげんしりょくせんすいかん Ethan Allen class submarine)はアメリカ海軍が運用していた弾道ミサイル搭載原子力潜水艦。同型艦は5隻。1960年代から1980年代にかけて運用された。

概要[編集]

潜水艦発射弾道ミサイルポラリスの実用化とともに、アメリカ海軍は戦略原潜としてジョージ・ワシントン級を就役させた。ジョージ・ワシントン級はスキップジャック級を改設計したものであったが、初めから戦略原潜として設計されたものは、アメリカのものとしては本級が初めてである。

弾道ミサイルは、艦体後部のミサイル区画に集中して搭載されている。搭載ミサイルは当初、ポラリスA-2であったが、1970年代にポラリスA-3に換装されている。

同型艦[編集]

関連項目[編集]