イ・シヨン (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イ・シヨン
이시영
生年月日 1982年4月17日(33歳)
国籍 韓国の旗 韓国
身長 169cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2008年[1] -
公式サイト イ・シヨン公式ホームページ
イ・シヨン
各種表記
ハングル 이시영
発音: イ・シヨン
ローマ字 Lee Si-young
テンプレートを表示

イ・シヨン(李是英[要出典]이시영1982年4月17日[1] - )は、韓国女優である。所属事務所はGnGプロダクション[1]

人物・来歴[編集]

イ・シヨンは、忠清北道清原郡でイ・ウンネという名で生まれ[2]、後に現在の名前に改名した。

9歳の時、ソウルに引っ越した。梧琴高等学校、同徳女子大学校衣装デザイン学科を卒業した。2008年SUPER ACTIONで放映された『都市怪談デジャヴシーズン3』で俳優としてデビューした。

2009年1月29日のインタビューで、自身が1982年生まれと美容整形手術をした事実があることを告白した。

2009年KBS風の国』で初の地上波TVドラマに出演。その後『花より男子』のオ・ミンジ役で大きな注目を浴びた。

2010年にはKBS『セレブの誕生』で、財閥家の相続人プ・テヒ役[3]を演じ、ファッション等、大きな関心を集め、KBS『芸能中継』MCに抜擢される。

ボクシング活動[編集]

女子ボクサーをテーマにしたドラマのヒロインがきっかけとなりボクシングにも挑戦し、韓国代表選考会も兼ねた2012年12月の第66回全国アマチュアボクシング選手権大会に女子48キロ以下級に出場[4]

2013年4月、国家代表最終選抜戦48kg級決勝で勝利し、韓国代表入りを果たす[5][6]

出演作品[編集]

映画、テレビドラマ[編集]

年度 ドラマ キャスト 放送局/配給会社 種類
2008年 都市怪談デジャヴシーズン3 スマイル・クウィーン・ソナ SUPER ACTION ドラマ
風の国 ヨナ KBS
2009年 花より男子〜Boys Over Flowers〜 オ・ミンジ
憎くてももう一度 ソン・ジョンファ
オガムド -五感度- segment 5 - セウン シナジー 映画
洪吉童の末裔 ソン・ヨンファ SKテレコム
千万回愛してます ホン・ヨンヒ KBS ドラマ
2010年 セレブの誕生 プ・テヒ[7]
私の男のスニ 放送記者(特別出演) プライムエンターテイメント 映画
イタズラなKiss〜Playful Kiss〜 ユン・ヘラ MBC ドラマ
2011年 危険な相見礼 チン・タホン (株)展望が良い映画社 映画
ポセイドン イ・スユン KBS ドラマ
カップルズ ナリ パルンソン(正しい手)/ シオフィルム 映画
2012年 乱暴なロマンス ユ・ウンジェ KBS ドラマ
2013年 男子取扱説明書 チェ・ボナ 映画会社 ソプン(遠足) 映画
殺人漫画 ジユン CJ Entertainment
2014年 ゴールデンクロス ソ・イレ KBS ドラマ

ミュージック・ビデオ[編集]

  • 2009年 ジョンチン - 「Hey ya!」
  • 2009年 ベージュ - 「チチリ」

テレビ芸能番組[編集]

  • 2009年、MBC『大変な希望』
  • 2009年、KBS『想像プラス』
  • 2009年、MBC『私たち結婚しました』 - 歌手チョンジンと仮想夫婦を演じた。
  • 2010年、KBS『芸能街中継』(MC)

その他の活動[編集]

広告モデル[編集]

  • 韓国投資証券
  • NEPA
  • カルトゥニトゥ
  • 農心マッククス
  • クルラミュ
  • レース・カリフォルニア・ビーチ
フィーチャリング
  • ジョンチン - 馬鹿のように

受賞歴[編集]

  • 2009年 メンジュヘルスクールガイ選抜大会 - バイタルウーマン賞
  • 2010年 第7回マックスムービー最高の映画賞 - 最優秀女性新人アイドル
  • 2010年 第10回KBI全国生活体育ボクシング大会女子50kg級チャンピオン
  • 2010年 KBS芸能大賞 - 新人賞(ショー、催し物MC)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年7月16日閲覧。
  2. ^ KBSハッピートゥゲザー11月19日の放送で本人が直接言及(韓国語)
  3. ^ 부자의탄생 출연진 (富者の誕生 出演者) KBS 2011年8月13日閲覧。
  4. ^ 女優イ・シヨン、ボクシングで韓国国家代表に挑戦 中央日報 2012年11月27日閲覧。
  5. ^ Yoon, Min-sik (2013年4月25日). “Lee Si-young's victory marred by bias talks”. The Korea Herald. 2013年7月8日閲覧。
  6. ^ Boxer-actress Lee talks on 'biased judgment' controversy”. The Korea Herald (2013年6月9日). 2013年7月8日閲覧。
  7. ^ 韓流α セレブの誕生 キャスト フジテレビ 2011年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]