イヴェット・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
イヴェット・クーパー
Yvette Cooper
Yvette Cooper, March 2008.jpg
生年月日 1969年3月20日(45歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランドインヴァネス
出身校 ベリオール・カレッジ
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
所属政党 労働党
公式サイト Yvette Cooper
選挙区 ポンテフラクト・キャッスルフォード
任期 1997年5月1日 - 現職

雇用・年金大臣
内閣 ゴードン・ブラウン再改造内閣
任期 2009年6月5日 - 2010年5月11日

財務省主席担当官
内閣 ゴードン・ブラウン改造内閣
任期 2008年1月24日 - 2009年6月5日

住宅担当国務大臣
内閣 ゴードン・ブラウン内閣
任期 2007年6月28日 - 2008年1月24日
テンプレートを表示

イヴェット・クーパーYvette Cooper, 1969年3月20日 - )は、イギリス労働党の政治家。ポンテフラクト・キャッスルフォード選挙区選出。ブラウン政権では、住宅担当国務大臣、財務省主席担当官、雇用・年金大臣を歴任した。夫のエド・ボールズと共に、夫婦で入閣している。

経歴[編集]

若年期[編集]

1969年インヴァネスに生まれる。彼女の父・トニー・クーパー[1]は、プロスペクトという通商労組の幹部で、英国核解体公社(en:Nuclear Decommissioning Authority)のメンバー、英国原子力産業協会の会長も務めた。保守党から政府の諮問委員にも選ばれていたこともあり、協会からは「原子力について、博識で説得力があり、はっきりとした意見を言える者」と評されていた。[2]

オックスフォード大学ベリオール・カレッジで哲学・政治学・経済学を専攻し、1991年にはケネディ奨学金を受けてハーバード大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済の研究をした。

1990年には影の財務大臣ジョン・スミスのエコノミック・リサーチャーとなり、1992年にはアメリカの大統領候補ビル・クリントンのもとでも働いた。その後、影の財務省主席担当官のハリエット・ハーマンの政策アドバイザーとなり、1995年にはインデペンデント紙の経済ジャーナリストとして働いた。

政界へ[編集]

1997年の総選挙でポンテフラクト・キャッスルフォード選挙区から出馬するが、この選挙区は元下院副議長のジェフリー・ロフトハウスの地盤で、彼の引退で候補者が空いた選挙区だけに、大した苦戦もせずに25725票もの得票差で初当選を果たした。その後、順調に出世し、1999年に保健政務次官、2003年には副首相のオフィスで働いた。2005年の総選挙後は、コミュニティー・地方自治担当閣外相に任命される。

クーパーは党内でブラウン派と見られていたが、2007年ゴードン・ブラウンが首相に就任すると、彼の内閣で住宅担当国務大臣に任命された。このポジションは閣外相であるものの、閣議への出席を求められる地位である。ピーター・ヘイン労働・年金大臣の辞任に伴う内閣改造で、2008年1月24日に女性としては初の財務省主席担当官に任命された。既に入閣していた夫のエド・ボールズ児童・学校・家庭大臣と共に、初の夫婦での入閣となった。

パーソナリティ[編集]

1998年1月10日イーストボーンエド・ボールズと結婚し、以来2人の娘(それぞれ1999年、2004年誕生)と息子が1人(2001年誕生)いる。夫のエドは2005年に彼女の隣の選挙区・ノーマントン選挙区で当選して議員となった。2人を「労働党のゴールデン・カップル」と呼ぶ声もある。なお、夫婦で議員となっているカップルは、彼らのほかに4組存在する。2001年に2人目の子どもが生まれたとき、彼女は産休を取って休職した。産休を取った閣外相は彼女が初であった。

水泳似顔絵を描くことが趣味である。

脚注[編集]

  1. ^ Yvette Cooper Official website
  2. ^ "Tony Cooper is new Chairman of BNIF", 28 June 2002, Nuclear Industry Association

外部リンク[編集]

議会
先代:
ジェフリー・ロフトハウス
ポンテフラクト・キャッスルフォード選挙区選出
1997 -
次代:
現職
公職
先代:
ジェームズ・パーネル
雇用・年金大臣
2009 - 2010
次代:
イアン・ダンカン・スミス
先代:
アンディ・バーナム
財務省主席担当官
2008 - 2009
次代:
リーアム・バーン
先代:
ヒラリー・アームストロング
住宅担当国務大臣
2007–2008
次代:
キャロライン・フリント