イヴァン・ヴィホーウシキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴァン・ヴィホーウシキー
Iwan Wyhowski.PNG
Alex K Ivan Vygovskyi.svg
生没 ? ‐1664年3月27日[1]
生誕地 ウクライナオーヴルチ地方[1]
死没地 ウクライナヴィリホーヴェツィ[1]
ヴィホーウシキー家
身分 貴族
称号 将軍1657年1659年[1]
宗派 正教徒[1]
民族 ウクライナ人[1]
テンプレートを表示

イヴァン・ヴィホーウシキーウクライナ語Іва́н Виго́вський;? ‐1664年3月27日)は、ウクライナの政治家、軍人。ドニプロ・ウクライナを中心としてコサック国家元首ザポロージャ・コサック将軍1657年1659年[1]正教徒ルーシ系の貴族ヴィホーウシキー家の当主。オスタープ・ヴィホーウシキーの息子。

概要[編集]

ポーランド・リトアニア共和国キエフ県オーヴルチ地方で生まれた[1]正教キエフ兄団学校を卒業後、キエフルーツィク裁判所で勤め、ルーツィクの副代官となった[1]。その後、ポーランド・リトアニアの国軍に入隊し、騎兵大尉まで昇進した[1]1648年フメリヌィーツィキーの乱が勃発すると、ポーランド・リトアニア軍の一員としてジョーウチ・ヴォーディの戦いに参加した。合戦中にタタール捕虜となったが、コサックの将軍ボフダーン・フメリヌィーツィキーによって解放された[2]。その後、コサック側に味方して将軍の書記官となった。1650年に将軍に才覚が認められ、コサック国家の内相外相にあたるコサック全軍の書記官に抜擢された。コサックの政府となる全軍官庁を組織した[1]プィリャーウツィの戦い1648年)、ズバーラジュの包囲ズボーロウの戦い1649年)、ベレステーチュコの戦い1651年)、バチーフの戦い1652年)、ジュヴァーネツィの包囲1653年)、オフマトーウの戦いリヴィウの包囲1655年)などに参加した。ズボーリウ条約ビーラ・ツェールクウァ条約ペレヤースラウ条約の創作に関わった[1]1657年4月にボフダーン・フメリヌィーツィキー将軍が死去すると、新たな将軍となった幼い子息ユーリー・フメリヌィーツィキー執権となった。同年7月26日にユーリーが成人するまでにコサック将軍の位が譲られ、10月26日コールスニのコサック全軍会議において新たな将軍として選ばれた。1658年5月31日に反旗を翻したポルターヴァ連隊を厳しく鎮圧したが、ロシア・ツァーリ国が支援するコサック野党を抑えることができなかった[2]。ロシアとの戦争が迫る中で、ポーランド・リトトアニア共和国とハーデャチ条約を結び、コサックのウクライナをルーシ大公国としてポーランド・リトアニア共和国に合同させた[1]。条約により、ルーシ将軍およびチヒリーンの代官という称号を賜った[2]ウクライナ・ロシア戦争1658年1659年)の際、クリミア・ハン国と同盟を結び、コノトプロシアの軍勢を破ったが、ハーデャチ条約により「ポーランド人にウクライナを売国した」という不満を持つコサックの支持を失った[1][2]1659年9月にユーリー・フメリヌィーツィキーに将軍の座を譲り、ポーランド・リトアニア共和国へ移住した。その後、キエフ県知事の位を受け、ヴォルィーニ地方とガリツィア地方で暮らした。1660年にポーランド・リトアニア軍に従軍し、チュードニウの戦いに参加した。1662年に正教のリヴィウ兄団に入団した[1]1663年にユーリー・フメリヌィーツィキーが将軍の座を辞任すると、右岸ウクライナのコサック将軍を決める選挙に立候補したが、パウロー・テテーリャに負けた。1664年に右岸ウクライナで勃発した反ポーランドの蜂起に内通した。同年の春、ポーランド人とテテーリャのコサックに逮捕された。3月17日の夜にヴィリホベツィ村の周辺において、裁判なしで処刑された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Степанков 2003:502—503.
  2. ^ a b c d Розділ V. Козацька ера. § 1. Козацька революція 1648-1657 рр. // Яковенко Н. Нарис історії України з найдавніших часів до кінця ХVІІІ ст. — Київ, 1997.

参考文献[編集]

  • (日本語) 伊東孝之, 井内敏夫, 中井和夫編 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』 (世界各国史; 20)-東京: 山川出版社, 1998年. ISBN 9784634415003
  • (日本語) 黒川祐次著 『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』 (中公新書; 1655)-東京 : 中央公論新社, 2002年. ISBN 4121016556
  • (ロシア語) Гетманство Выговского // Костомаров Н. И. Собрание сочинений: Исторические монографии и исследования, т. 2. — СПб., 1872.
  • (ウクライナ語) Герасимчук В.І. Виговський і Юрій Хмельницький // Записки НТШ. — 1904, т. 59-60.
  • (ウクライナ語) Герасимчук В.І. Виговщина і Гадяцький трактат // Записки НТШ. — 1909, т. 87-89.
  • (ウクライナ語) Герасимчук В.І. Смерть Iвана Виговського // Ювілейний збірник на пошану академіка Михайла Сергієвича Грушевського. — Київ, 1928.
  • (ウクライナ語) Наступник Богдана Хмельницького — Iван Виговський // Апанович О.М. Гетьмани України і кошові отамани Запорозької Січі. — Київ, 1993.
  • (ウクライナ語) Яковлева Т. Гетьманщина в другій половині 50-х років XVII століття: Причини і початок Руїни. — Київ, 1998.
  • (ウクライナ語) Мицик Ю.А. Iван Виговський. // Полководці Війська Запорозького: Iсторичні портрети. — кн. 1. — Київ: KM Academia, 1998.
  • (ウクライナ語) Степанков В.С. Виговський Iван Остапович // Енциклопедія історії України: Т. 1. — Київ:Наукова думка, 2003. — с.502—503.
  • (ウクライナ語) Коваленко С. Виговський Іван // Україна під булавою Богдана Хмельницького. Енциклопедія у 3-х томах. Том 1. — Київ: Стікс, 2007.
  • (ウクライナ語) Сокирко О. Конотопська битва 1659 р. Тріумф в час Руїни. — Київ, Темпора, 2008.

リンク[編集]