イヴァン・ブロッホ (皮膚科医)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴァン・ブロッホ (皮膚科医)

イヴァン・ブロッホIwan Bloch 1872年 - 1922年)はドイツの皮膚科学者。オイゲン・デューレン、アルベルト・ハーゲン、ウェリファントル、ゲアハルト・フォン・ヴェルゼンブルクなどの変名を持つ。しばしば、史上初の性科学者と呼ばれる。

デルメンホルストにてユダヤ人の家庭に生まれる。彼は、かつて紛失したと信じられていたマルキ・ド・サドの『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』の手稿を発見し、オイゲン・デューレンという偽名で1904年に公刊した。1899年、『マルキ・ド・サド──その生涯と業績』を上梓。

マグヌス・ヒルシュフェルトと共に性科学を提唱。1906年、『われらの時代の性生活──現代文明との関連における性科学の完全百科』を執筆。

『性科学手帖』の刊行を始めたが、第3巻を発行した段階でブロッホがベルリンにて不慮の死を遂げたため、以降の巻は日の目を見なかった。

著書[編集]

  • 『売春』第1巻(1912年
  • 『売春』第2巻(1922年以降)