イヴァイロ・ヨルダノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴァイロ・ヨルダノフ Football pictogram.svg
名前
本名 イヴァイロ・ストイメノフ・ヨルダノフ
Ivaylo Stoimenov Yordanov
ラテン文字 Ivaylo Yordanov
キリル文字 Ивайло Йорданов
基本情報
国籍 ブルガリアの旗 ブルガリア
生年月日 1968年4月22日(46歳)
出身地 ブルガリアの旗 サモコフ
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW / OH
利き足 両足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1989 ブルガリアの旗 リルスキ・スポルティスト 199 (23)
1989-1991 ブルガリアの旗 ロコモティフGO 51 (23)
1991-2001 ポルトガルの旗 スポルティングCP 184 (56)
代表歴
1991-2000 ブルガリアの旗 ブルガリア 51 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イヴァイロ・ストイメノフ・ヨルダノフブルガリア語: Ивайло Стоименов Йорданов, ラテン文字転写: Ivaylo Stoimenov Yordanov, 1967年7月9日- )は、ブルガリアサモコフ出身の元サッカー選手。元ブルガリア代表。現役時代のポジションはフォワード及び攻撃的ミッドフィルダー

キャリアの半分近くとなる10季をスポルティング・リスボンで過ごし、公式戦で250試合以上に出場・2つの主要タイトルを獲得した。代表では9年に渡り招集され、2度のFIFAワールドカップUEFA欧州選手権に1度出場した。

経歴[編集]

クラブ[編集]

サモコフに生まれたヨルダノフは、15歳の時に地元のPFCリルスキ・スポルティスト・サモコフ英語版でプロキャリアを始め、1989年にFCロコモティフ・ゴルナ・オリャホヴィツァ英語版へ移籍した。ロコモティフGOでの2季の在籍では、最後の年となった1990-91シーズンでチームは9位だったものの、個人としては21得点を挙げ得点王に輝いた。

同胞でありロコモティフGOでヨルダノフの前任者として活躍していたボンチョ・ゲンチェフ英語版と共に1991-92シーズンにポルトガル1部の強豪スポルティング・リスポンと契約を締結した。ここでは、同僚の負傷により緊急でセンターバックを務めたことも含めて様々なポジションでプレーすることになった。1999-2000シーズンにクラブはリーグタイトルを獲得したものの、ヨルダノフは負傷の影響から11試合1得点の出場に留まり、翌2001年に定期的な負傷や多発性硬化症が原因により現役引退を余儀なくされた[1]

引退後はスポルティングCPの下部組織を指導するために、そのままクラブに残留した[2]。2010年6月7日からアンヘル・チェルヴェンコフen)監督率いるリテックス・ロヴェチのスカウト部門のスタッフとして加入した[3]

代表[編集]

ブルガリア代表として51試合4ゴールを記録し、1994 FIFAワールドカップ1998 FIFAワールドカップの2大会で7試合に出場した。1994年大会ベスト16のメキシコ戦では、トリフォン・イヴァノフが累積警告により出場停止、ニコライ・イリエフ英語版が負傷したことから守備的ミッドフィルダーを務めることになった。同試合はフリスト・ストイチコフが先制点を挙げ、後に1-1に追いつかれたもののPK戦の末に勝利している。

UEFA EURO 96では、グループリーグ全3試合中全試合に出場(2試合先発)したが、チームはグループリーグで敗退した。

タイトル[編集]

クラブ
ポルトガルの旗 スポルティング・リスボン
個人

脚注[編集]

  1. ^ "Unlucky seven"
  2. ^ "Iordanov sees hope for Bulgaria"
  3. ^ "Ивайло Йорданов почна с Литекс"

外部リンク[編集]