イン昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「廕昌」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
廕昌
Yinchang.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1859年咸豊9年)
死去: 1928年民国17年)
中華民国の旗 中華民国
出身地: 清の旗 満州正白旗
職業: 軍人・外交官
各種表記
繁体字 廕昌
簡体字 荫昌
拼音 Yìnchāng
注音符号 |ㄣˋ ㄔㄤ
和名表記: いんしょう
発音転記: インチャン
ラテン字 Yin-ch'ang
テンプレートを表示

廕昌(いんしょう)は清末民初の軍人・外交官。午楼五楼満州正白旗の人。満州族。清の最末期に陸軍大臣をつとめた人物である。また、北京政府でも参謀総長となった。

事績[編集]

清末の台頭[編集]

当初は国子監の学生であった。1872年同治11年)、北京同文館に設けられた徳文館に入学する。1877年光緒3年)4月、ベルリンの公使館で三等翻訳官をつとめる。1884年(光緒10年)、ドイツの軍事学校に入学して軍事技術を習得した。同年12月、清朝に派遣されていたドイツ将官の翻訳(通訳のこと)に任命された。[1][2]

翌年6月、廕昌は天津武備学堂翻訳に任命され、後に武備学堂監督、幇弁、総弁と昇進した。1899年(光緒25年)冬、ドイツとの山東省における鉄道・鉱山の交渉を担当し、山東路鉱章程に調印した。1900年(光緒26年)3月、山東佐賛軍務に異動する。翌年3月には、正白旗漢軍副都統に任じられた。[1][2]

同年7月、廕昌は駐徳欽差大臣(駐ドイツ公使に相当)に任じられた。8月には駐荷蘭欽差大臣(駐オランダ公使に相当)も兼ねている。1905年(光緒31年)に帰国して、陸軍部右侍郎に任じられ、江北提督も兼ねた。また、貴冑学堂総弁にも任ぜられている。1908年(光緒34年)9月、駐徳欽差大臣に再任されている。1910年宣統2年)3月、陸軍部尚書に任じられたため、帰国した。[1][3]

辛亥革命での失脚、晩年[編集]

同年9月、廕昌は訓練近畿陸軍各鎮大臣を兼任し、12月には陸軍大臣に任命された。翌1911年(宣統3年)5月には、慶親王奕劻の内閣で陸軍大臣に任じられ、7月、弼徳院顧問大臣も兼ねている。辛亥革命が勃発すると、廕昌は革命派の鎮圧を図った。しかし袁世凱が内閣を組織すると、その政敵であった廕昌は辞任に追い込まれた。[1][4]

中華民国が成立した後に、廕昌は北京政府外交部の高等外交顧問として招聘された。1912年民国元年)12月、陸軍上将銜を授与され、さらに総統府軍事処処長となる。1914年(民国3年)5月には、陸海軍大元帥統率弁事処弁事員兼総統府侍従武官長に任ぜられた。1917年(民国6年)12月、廕昌は参謀総長に任命された。1919年(民国8年)1月には、中華民国大総統徐世昌から再び侍従武官長に任じられている。1923年(民国12年)10月、荘威将軍の位を授与された。1928年(民国17年)、病没。享年70。[1][4]

[編集]

  1. ^ a b c d e 徐主編(2007)、2209頁。
  2. ^ a b 外務省情報部編(1928)、4頁。
  3. ^ 外務省情報部編(1928)、4-5頁。
  4. ^ a b 外務省情報部編(1928)、5頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 外務省情報部編 『改訂 現代支那人名鑑』 東亜同文会調査編纂部、1928年
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年ISBN 7-101-01320-1
 清の旗
先代:
鉄良
陸軍部尚書
1910年
次代:
-
先代:
-
陸軍部大臣
1910年 - 1911年
次代:
王士珍
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
王士珍
参謀総長
1917年12月 - 1919年1月
次代:
張懐芝