イン・コンサート (ELPのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イン・コンサート
エマーソン・レイク&パーマーライブ・アルバム
リリース 1979年11月(UK)
録音 1977年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 41分47秒
レーベル マンティコア
プロデュース エマーソン・レイク&パーマー
専門評論家によるレビュー
エマーソン・レイク&パーマー 年表
ラヴ・ビーチ
(1978)
イン・コンサート
(1979)
ベスト・オブ・EL&P
(1980)
テンプレートを表示

イン・コンサート (In Concert) は、エマーソン・レイク・アンド・パーマーライブ・アルバム

収録曲[編集]

  1. イントロダクトリー・ファンファーレ
  2. ピーター・ガン
  3. 孤独なタイガー
  4. セ・ラ・ヴィ
  5. 邪教の神、そして悪の精の踊り(スキタイ組曲作品20第2曲)
  6. ナイフ・エッジ
  7. ピアノ協奏曲第1番 第3楽章:トッカータ・コン・フォコ
  8. 展覧会の絵

内容[編集]

1977年に、当時の新作アルバム『ELP四部作』をフィーチャーしたコンサート・ツアーが行われた。当初は65人編成のオーケストラと帯同した大規模なツアーが企画され、序盤のニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンモントリオールのオリンピック・スタジアムで開催されたコンサートでは計画通り催行されたが、「予算が無くなったので、途中からオーケストラが使えなくなってしまった」(キース・エマーソン・談)ため、それ以降は3人だけのコンサートに切り替わった様である。

本作は、8月26日にモントリオール・オリンピック・スタジアムにおいて、70000人の観客を集めて開かれたオーケストラとの共演コンサートを収録したものである。ただし一枚組であり、全曲は収録されていない。なお後日に7曲を追加収録した2枚組『ワークス・ライブ』がリリースされている。ヘンリー・マンシーニの曲をアレンジした「ピーター・ガン」は、アルバムでは初披露となった。

評価[編集]

アメリカで73位まで上昇した。なお、キース・エマーソンはインタビューの中で「ELPの全活動を通じて最も凄かったのは、このコンサートと、その直前のマディソン・スクエア・ガーデンでのコンサートの2日目だった」と自己評価している。

ビデオソフト[編集]

このコンサートを収録したビデオが、DVDソフト『Works Orchestral Tour: Manticore Special』としてリリースされている。「ナット・ロッカー」や「海賊」などが収録され、さらに『恐怖の頭脳改革』の頃のツアー・ドキュメントが収録されている。2006年現在は輸入盤のみだが、リージョン・フリーなので日本のプレイヤーでも再生可能。