インメイト作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インメイト作戦
戦争大東亜戦争 / 太平洋戦争
年月日:1945年6月13日から17日
場所トラック島
結果:連合国軍の勝利
交戦勢力
日本の旗 大日本帝国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
指揮官
- E・J・P・ブラインド少将
戦力
- 空母1
護衛空母1
軽巡洋艦4
駆逐艦5
損害
不明 艦載機数機

インメイト作戦 (Operation Inmate) は、1945年6月に行われたイギリス軍によるトラック島攻撃である。

新たに太平洋に到着した部隊に戦闘経験をつませるためトラック島攻撃は計画された。作戦の主目的はトラック島の残存航空兵力の無力化であった。

参加兵力[編集]

第111.2任務群(E・J・P・ブラインド少将)

経過[編集]

6月12日17時、第111.2任務群がマヌス島から出撃。6月13日夕方、攻撃部隊の発進地点に到着。14日、インプラカブルから一日中トラック島に対する空襲が行われた。帰路数機が不時着し失われたが、乗員はすべて駆逐艦に救助された。同日夜、ニューファンドランド、スイフトシュア、アキリーズ、ウガンダ、トルーブリッジ、ティーザー、テネシャスがトラック島に接近し、巡洋艦が砲撃を行った。砲撃は翌日の11時10分に終了した。また、翌朝再びインプラカブルから空襲も行われた。17日、部隊はマヌス島に帰投した。