インドネシア文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドネシア文化
民族衣装を着たインドネシアの子供達。

インドネシア文化は土着の習慣に外国からの影響を受けて長年の間に発展した。インドネシア東アジア中東を結ぶ古代通商航路の要衝であり、長い間の文化交流の結果、ヒンドゥー教仏教儒教イスラーム教などの強い影響を受けた文化がうまれた。元々の土着文化とは全く異なる複雑な文化が生まれた。

文化融合の例として、ジャワ島アバンガン教に見られるイスラーム教とヒンドゥ教の融合、ロンボク島ボダ教に見られるヒンドゥー教・仏教・アニミズムの融合、とダヤク族カハリンガンに見られるヒンドゥー教とアニミズムの融合などがある。

芸術の分野でもこのような文化融合が見られる。伝統的な人形劇のワヤン・クリはジャワ島の村人達の間にヒンドゥ教やイスラム教の布教する媒体として使われていた。ジャワやバリ舞踊には古代仏教やヒンドゥー王国をテーマにした物がある。スマトラ島でも特にミナンカバウアチェではイスラムの美術建築様式が見られる。プンチャック・シラットという武術は土着美術、音楽、とスポーツが融合してできた物。

西洋文化はテレビ番組、映画、音楽などの娯楽や政治制度に大きな影響を与えた。庶民的なインドネシアポップ音楽のダンドゥットはインドのリズムにアラブマレー民族音楽が混じり合ってできた物。

インドネシアの僻地には、まだ外国文化影響を受けずに先住民の文化を守っている地域がある。ムンタワイ族アスマト族ダニ族ダヤク族トラジャ族などは未だに伝統的な衣装を着て、儀式や習慣を守っている。

伝統舞台芸術[編集]

音楽[編集]

インドネシアには様々な民族音楽がある。レコード会社に所属する有名な演奏者もいて、特にジャワ島バリ島ガムランアンサンブルや北スマトラ州のゴルダン(ゴンダン)と西スマトラ州モダンミナン音楽が有名。

1960年代前半、スカルノ政権は西洋音楽と社交ダンス禁止命令を出し、国民的人気ポップバンドクス・プルスは西ジャカルタのグロドッ刑務所に投獄された。スカルノ政権打倒後、西洋音楽の演奏禁止令は取り下げられた。

クロンチョン打楽器は使用されず、フルートヴァイオリンチェロギターベースなどの弦楽器だけでリズムを作るのが特徴。15世紀のポルトガル商人の音楽から発展した大衆音楽ジャンルである。現在でもモルッカ諸島のクロンチョンと北ジャカルタのトゥグ村のクロンチョントゥグには15世紀のポルトガル音楽の影響が見られる。クロンチョンは20世紀前半に流行した。ポップ音楽の影響を受けたクロンチョンはポップ・クロンチョンと呼ばれる。

インドネシアでは様々な珍しい楽器があり、竹で作ったアンクルンユネスコ無形文化遺産に登録された。[1][2]ロテ島にはササンドゥという白いロンタール(棕櫚椰子)の葉で作ったハープのような楽器もある。[3]

インドネシアの舞踊[編集]

一組のレゴンダンサー

インドネシアの舞踊は、その国家を構成する民族の多様性を反映している。オーストロネシア民族舞踊とメラネシア民族舞踊の様式が見られるがインド中国中東などのアジア近隣諸国や植民地時代の西ヨーロッパの影響も見られる。各民族には独特の舞踊があり、合計3,000種類以上を数える。インドネシア舞踊の歴史は先史時代、ヒンドゥー・仏教時代、イスラーム時代の三つの時代に区分され、宮廷舞踊と大衆舞踊の二つのジャンルがある。

インドのラーマーヤナマハーバーラタを題材にした伝統舞踊がタイバリの舞踊にも取り入れられている。ジャワ舞踊にはスラカルタ王宮を中心に発展したものと一般大衆が独自に創作した舞踊がある。

演劇[編集]

ジャワスンダバリワヤン人形劇ではインドの神話伝説ラーマーヤナマハーバーラタを題材して演じられる。ワヤン・オランはワヤン・クリの題材を人間が演じる物。

ジャワの伝統芸能としてルドゥルックトプラッという喜劇がある。スンダの喜劇はサンディワラブタウィの喜劇はレノン(Lenong)と呼ばれる。

ミナンカバウランダイは音楽、舞踊、演劇とプンチャック・シラットの要素を取り入れた総合芸術である。ミナンカバウの神話、歴史と男女の物語を題材にする。

脚注[編集]

  1. ^ UNESCO, Angklung was officially recognized in Nov 18, 2010 at the Fifth Unesco Inter-Governmental Committee meeting on Intangible Cultural Heritage in Nairobi, Kenya.
  2. ^ UNESCO grants Indonesia's angklung cultural heritage title
  3. ^ ササンドゥ音楽でクリスマスを迎える Musik Sasandu utk Hari Natal”. インドネシア文化宮 (2010年12月12日). 2010年12月13日閲覧。