インドネシアン・エアロスペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インドネシアン・エアロスペース Indonesian Aerospace (IAe) (インドネシア語: PT. Dirgantara Indonesia (DI))はインドネシアの国策で設立された航空機製造会社である。民間機から軍用機まで設計開発生産する。

1976年に国有企業としてスハルト政権下で設立された。航空機の開発と生産だけでなく通信、自動車、海洋、情報技術、石油とガス、制御と自動化、軍事、シミュレーション技術、産業用タービンと技術サービスを行う。

設立当初の名称はIndustri Pesawat Terbang Nurtanio (IPTN)であったが、1985年Industri Pesawat Terbang Nusantara (IPTN)に、そして2000年に現在の名称へと変更された。

メッサーシュミット等、海外から技術者を招聘してスハルト政権の庇護の下、開発を進めた。

生産した航空機[編集]

固定翼機[編集]

いくつかの固定翼機を生産する。:

  • CN-235 民間、軍用、海洋(スペインのCASAと合弁事業)。
  • NC 212 CASA C-212 アヴィオカーのライセンス生産
  • N 250 ターボプロップ民間機の試作機だがアジア通貨危機で中止。1995年8月10日に55分間初飛行。
  • N 2130 計画段階のジェット民間機。アジア通貨危機で試作機が建造される前に中止。

回転翼機[編集]

複数のヘリコプターを生産した。:

外部リンク[編集]