インディアン・ランナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インディアン・ランナー
The Indian Runner
監督 ショーン・ペン
脚本 ショーン・ペン
製作 ドン・フィリップス
製作総指揮 スティーヴン・K・バノン
マーク・ビスガイアー
トム・マウント
出演者 デヴィッド・モース
ヴィゴ・モーテンセン
チャールズ・ブロンソン
デニス・ホッパー
音楽 ジャック・ニッチェ
撮影 アンソニー・B・リッチモンド
編集 ジェイ・キャシディ
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 コロンビア・トライスター映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月20日
日本の旗 1991年11月2日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $191,125[2]
テンプレートを表示

インディアン・ランナー』(原題: The Indian Runner)は、1991年制作のアメリカ合衆国の映画ショーン・ペンの初監督作品。ブルース・スプリングスティーンの曲「Highway Patrolman」(『ネブラスカ』収録)を基にしている。

出演者のサンディ・デニスはこれが遺作となった。

あらすじ[編集]

1968年ネブラスカ州。実直なパトロール警官ジョーの弟でベトナム戦争に出征していたフランクが帰還してくる。

ジョーとは対照的に粗暴な性格だったフランクは精神を完全に病んでおり、兄の心配をよそに理由なき凶行に走ってしまう。

ジョーは何とかフランクを更生させようとする。

キャスト[編集]

その他[編集]

本作でヴィゴ・モーテンセンと知り合ったデニス・ホッパーは、ブレイク前のヴィゴのパトロン的役割を務めた。『ダイヤルM』(1998年)で使用されたコラージュ作品はヴィゴ自身の作だったが、この作品を制作する際のアトリエを提供したのはホッパーだった。2001年には二人でオランダアムステルダムへ旅行。この際撮影された写真はヴィゴの作品集『Signlanguage』に収められている。また2005年にはパーシヴァル・プレスからホッパーの写真集『Bucharest Nights』が出版された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]