インダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インダン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 496-11-7 チェック
PubChem 10326
ChemSpider 9903 チェック
ChEBI CHEBI:37911 チェック
ChEMBL CHEMBL370687 チェック
特性
化学式 C9H10
モル質量 118.176 g/mol
外観 淡黄色または無色透明の液体
匂い (有臭)
嗅覚閾値 0.0037ppm[2]
融点

-51.4℃

沸点

176.5 °C, 450 K, 350 °F

危険性
引火点 50℃[3]
関連する物質
関連物質 インデン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

インダン:Indaneまたはindan)は、二環性炭化水素の一種で、分子式はC9H10メタロセン触媒や医薬品原料、有機合成化学の中間体となる。インデンと似るが、インダンは五員環中に二重結合を含まない。

誘導体[編集]

1-メチル-インダン、2-メチル-インダン(メチル基は五員環に結合)、4-メチル-インダン、5-メチル-インダン(メチル基はベンゼン環に結合)ほか様々なジメチルインダンが、医薬品原料などとして利用される。その他の誘導体も、例えば金属ナトリウムエタノール触媒としてフタル酸ジエチル酢酸エチルを反応させることにより、間接的に得ることができる。

インダンのエチルエステルはナトリウムイオンと反応し、を生じる。これは塩酸を加えることにより元に戻すことができる、可逆反応である。

触媒を介し、キシレンなどの他の芳香族化合物と変換することができる。

その他の誘導体としては、1,3-インダンジオンなどが知られる。

安全性[編集]

日本の消防法では危険物第4類・第2石油類に分類される[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Hawley, Gessner G. (1977). The Condensed Chemical Dictionary. Van Nostrand Reinhold Company. pp. 464. ISBN 0-442-23240-3. 
  2. ^ 東京都環境科学研究所調べ 岩崎好晴 『新訂 臭気の環境測定法』 におい・かおり環境協会2005年ISBN 4-915952-15-0
  3. ^ a b 製品情報JFEケミカル

外部リンク[編集]