インターロック (安全技術)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インターロックとは、安全装置安全機構の考え方の一つで、ある一定の条件が整わないと他の動作ができなくなるような機構のこと。

安全計装としてのインターロック[編集]

ある操作を行う時、誤操作や確認不足により、適正な手順以外の手順による操作が行われるのを防止したり、正常な製造・運転の行われる条件を逸脱した時、自動的に当該設備に対する原材料等の供給を遮断するなど製造や機器の運転を制御するものである。 具体的には、インターロック機構として保安上、重要な部分の運転を制御する計装回路に組み込まれている。 プラントや機器のスタートボタンが間違って操作されても、安全を確保するために必要な起動条件があらかじめ確保されていなければ、プラントや機器が動作しないようなシステムや一定条件に達したら自動的に停止するシステムもこれに当たる。

  • 条件としては機器の起動状況、扉の開閉状況、圧力、液面、温度(対象物質及び気温)の条件をAND条件やOR条件として組み合わせて使用する。
  • インターロック機構は、その設置目的から保安上重要な機能を果たすことが要求される事から高い信頼性が必要である。

インターロックの例[編集]

  • エレベータ - 各階全ての扉が全て閉じていなければかごは移動しない。
  • ボイラー - 燃料、水位が低い時には燃焼を始めない。
  • 圧縮機 - 潤滑油液面、圧力、吸入口弁、冷却水圧力が決められた値に達していない場合、起動しない。
  • ポンプ - ポンプ破損防止の為、決められた吐出圧力になると停止する。液が入っていない状態では起動しない。
  • 鉄道車両 - 左右全ての扉が閉じていなければ起動しない。
  • 自動車バスなど) - ドアが閉じていなければアクセルペダルを踏み込めない。
  • クリーンルームパスボックスなど) - 汚染空気がクリーン側に流れ込むのを防ぐ為、左右全ての扉が閉じていなければ起動しない。

関連項目[編集]