インターナショナル・マネジメント・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IMG Worldwide, Inc.
IMG Worldwide, Inc.
略称 IMG
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1360 East 9th Street, Suite 100, Cleveland, OH 44114
設立 1960年
業種 総合メディア運営
主要子会社 IMG Artists, IMG Academies, IMG Models, IMG Artists
テンプレートを表示

インターナショナル・マネジメント・グループ(英: International Management Group)はスポーツエンターテイメントメディアなどの総合メディア運営を行うアメリカの企業である。

概要[編集]

IMGは1960年マーク・マコーマックとプロゴルファーのアーノルド・パーマーの握手による合意で設立された。パーマーのほか、ゲーリー・プレーヤージャック・ニクラウスも所属し、テレビやCM出演などのマネージメントを行なった。その後多くのメディア企業や金融会社を吸収しながら、スポーツ業界におけるライセンス・ビジネスを拡大化していった。従来のスポーツ、ファッション、メディアに加え、デジタル・メディアやライセンシング、エンターテイメント・プログラミングなど幅広い業務分野を持つ。2003年に創業者のマコーマックが亡くなり、2004年に企業買収を専門とするフォーツマン・リトル社が買収し、同社代表のテッド・フォーツマンが2011年に亡くなるまで現最高経営責任者として引き継いだ。[1] 2013年に、ユダヤ系のタレント・エージャンシーウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント社に買収された[2]

浅田真央タイガー・ウッズマリア・シャラポワなど世界中の有名アスリートと契約するほか、現在はスポーツだけでなく、芸能部門やモデル部門もあり、それらのマネージメントをはじめ、イベントや番組を手掛ける一大マネージメント・ライセンス企業グループとなっている、ライセンスビジネスとマーケティングを教える大学も持つ。

IMGが主催する主な番組やイベント[編集]

事業内容[編集]

IMGは主に次の事業を展開している。[3]

  • メディア製作と配信
  • イベント創造、管理とスポンサーシップ販売
  • クライアント代理業務、ブランド管理
  • スポンサーシップ、メディアコンサルティング
  • グローバルなスポンサーシップとメディア販売
  • 消費者製品のライセンシング
  • アスリート・トレーニング

批判[編集]

IMGは所属選手の望む以上の巨額の契約料を要求するなどして、スポーツ全体にかかる経費を高騰させていると批判されている[4]

また、IMGは多くの所属選手を抱えるためスポーツ界に対して大きな影響力を持っている。特にゴルフに関しては相当数のトップ選手がIMG所属のため、ゴルフ界における競技運営やスポンサー誘致など対して決定的ともいえる発言力を持っており、IMG主導で行われるイベントも多い[5]。 マコーマックの死後、「スポーツに介入しすぎ」と言われたほどの影響力は無くなったとも言われているが、依然IMG所属選手に対する報道陣の規制は比較的容易に行える[6]

2007年には、IMGコリア社と契約していたキム・ヨナ選手の母親がライバル選手に比べて十分な支援がなされていないとして他のマネージメント事務所に移籍させた際、IMG側が二重契約として訴えたが敗訴した[7][8]

脚注・参照[編集]

  1. ^ IMG公式サイト『About IMG』
  2. ^ Touchdown!: WME & Silver Lake Acquire IMGDeadline Hollywood, December 18, 2013
  3. ^ 同・『About IMG』
  4. ^ ハーバードでは教えない実践経営学
  5. ^ [1]
  6. ^ [2] 競技運営に関わっているため、所属選手に対する報道陣への規制も比較的容易となる
  7. ^ フィギュアの金妍児、前のマネージメント社と法的争い 東亜日報、APRIL 26, 2007
  8. ^ スケートのキム・ヨナ、専属契約紛争は韓国側の勝ち中央日報、2008年05月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]