インタウィチャヤーノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肖像
Inthawichayanon of Chiang Mai.jpg
基本情報
正式名称 インタウィチャヤーノン王様
タイ語表記 พระเจ้าอินทวิชยานนท์
英語表記 King Inthawichayanon
別名・通称
称号
王朝・代 チエンマイ王朝9代目
統治地域 タイ王国チエンマイを中心とする一部地域
後に主権を失う
誕生
即位期間 1873年1896年
タイ仏暦2316年 – 2439年)
その他の呼称

インタウィチャヤーノン公タイ王国チエンマイ県にあったチエンマイ王朝の第7代目の君主である。3代目の公・セーティー公の孫。王よりも妻のクライソーン妃の方が頭脳明晰でよく王を助けたという。時のチュラーロンコーン大王チャクリー改革の一環としてモントン制を導入し、チエンマイをタイ王国に編入しようと試みた。1884年タイ仏歴2427年)には、インタウィチャヤーノン公から主権を剥奪した。チエンマイ王国はチャクリー王国の属国であったため、拒否することはできなかった。この後チェンマイ王(公)は「君臨すれども統治せず」の体制になる。

関連記事[編集]