イワン・セチェノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワン・セチェノフ

イワン・ミハイロヴィチ・セチェノフロシア語: Ива́н Миха́йлович Се́ченов, ラテン文字転写: Ivan Mikhailovitch Sechenov1829年 8月13日(ユリウス暦8月1日)- 1905年 11月15日 (ユリウス暦11月2日))は、ソビエト連邦生理学者心理学者、医師。テプリスタン出身[1]。ロシア生理学の創始者。「ロシア生理学の父」と称された。心理活動の条件となる生物学的メカニズムを解明することにより、大脳生理学および実験心理学双方の基礎を形成した[2][3]。中枢制止を発見した。また、空間と時間の知覚における運動と運動感覚の役割の研究から、子どもの精神発達における運動感覚の重要な意義を解明した[4]。1848年、ペテルブルクの工兵士官学校を卒業。工兵士官となるが、のちにモスクワ大学医学部に入学。卒業後、三年間の外国留学。1863年、最初の研究「脳の反射」を発表。1866年、『脳の反射』を単行本として出版。ペテルブルクの外科医専門学校で生理学を研究し、教鞭をとったが、官憲から圧迫を受けるようになり、メンデレエフの研究室、オデッサの新ロシア大学、ペテルブルク、モスクワと転々とする[5]

論文[編集]

  • 「誰がどのように心理学を研究すべきか」(1873年)

著書[編集]

  • 『脳の反射』(1866年)
  • 『心理学試論』(1873年)
  • 『思考の要素』(1878年)(邦訳:柴田義松訳、明治図書出版、1964年)
  • 『イワン・ミハイロヴィチ・セチェノフ選集』(1952年)

脚注[編集]

  1. ^ セチェノフ著『思考の要素』明治図書出版、1964年:のちにセチェノフの生まれた農村は彼の名をとり、セチェノヴォと呼ばれた。
  2. ^ ザポロージェツ著『随意運動の発達-認識と行為の形成-』世界書院、1965年
  3. ^ ペトロフスキー「ソビエト心理学の発展」(ヤロシェフスキー編『心理学史』明治図書出版、1973年所収)
  4. ^ ソビエト教育科学アカデミヤ版『ソビエト教育科学辞典』明治図書出版、1963年
  5. ^ セチェノフ著『思考の要素』明治図書出版、1964年