イワヒゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワヒゲ
Iwahige.jpg
イワヒゲ(北海道富良野岳・2006年7月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物 angiosperms
階級なし : キク類 asterids
階級なし : コア真正双子葉類
core eudicots
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
亜科 : イワヒゲ亜科 Cassiopoideae
: イワヒゲ属 Cassiope
: イワヒゲ C. lycopodioides
学名
Cassiope lycopodioides (Pall.) D.Don
シノニム
  • Cassiope lycopodioides (Pall.) D.Don var. laxa Nakai
和名
イワヒゲ(岩髭)
短枝から細長い花柄を伸ばす。花冠の先が浅く5裂し、裂片は反り返る。(山形県鳥海山

イワヒゲ(岩髭)はツツジ科イワヒゲ属の草本状の常緑小低木高山植物

特徴[編集]

高さは10cm程度。は分枝して緑色のひも状[1]になり、は鱗片状に重なって茎に密着し、ており、ヒノキの葉のように見える。

花期は7-8月。茎の上部の鱗片状の葉腋から短を出し、その先から長さ2-3cmの細長い花柄を伸ばして、その先に下向きのを1個つける。萼片は長さ2mmの卵形で、先は円い。花冠は白色で、長さ7mmの鐘形になり、花冠の先が浅く5裂し、裂片は反り返る。雄蕊は10個で、花糸は無毛。花柱は1個で糸状になり、花柱は小さい。果実蒴果で径3mmの球状になり、4-5室に分かれ、上向きにつく[1][2]

分布と生育環境[編集]

日本では、本州中部地方以北、北海道に分布し、高山帯の風当たりの強い岩場の裂け目などに張り付くように生える。国外では、千島列島、カムチャツカ、アラスカに分布する[2]

和名の由来[編集]

和名のイワヒゲは、岩の間から生え、茎がヒゲ(髭)のように細く見えることから付けられた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『新牧野日本植物圖鑑』p.546
  2. ^ a b 『日本の野生植物 草本Ⅲ 合弁花類』p.11

参考文献[編集]