イワダレゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワダレゴケ
Hylocomium splendens 1448.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: マゴケ綱 Bryopsida
: ハイゴケ目 Hypnales
: イワダレゴケ科 Hylocomiaceae
: イワダレゴケ属 Hylocomium
: イワダレゴケ H. splendens
学名
Hylocomium splendens
(Hedw.) B. S. G.
和名
イワダレゴケ
英名
Glittering Wood-moss
Stair-step Moss
Mountain Fern Moss

イワダレゴケ (Hylocomium splendens) は、無性的に繁殖する多年生コケ植物[1]

分布[編集]

ヨーロッパロシアアラスカカナダ日本など北半球の林床に広く分布するほか、オーストラリアでも見られる。ツンドラや標高の高い地域にも生育しており、イギリスの植生分類体系でも、ヨーロッパアカマツと本種で構成される群落が、生態的に特徴のある類型として記載されている[2][3][4][5]

形態[編集]

葉の拡大

草体は薄い緑色、あるいは黄色味がかる緑や赤色である。茎は赤色。大きさは約20cm[6]。茎は直立し、やや屈曲する。茎から細かい葉を密生し、平面的に広がる。日陰を好んで生え、腐植土の上や樹木の上に這ってマット状に生育しており、枯れた草体の上に新しい草体が生えていることもある[3]。草体の大きさやマットの伸長は、南方では大型となり、ツンドラなどの北方では小型になるとされる[7]

雌雄異株[6]

利用[編集]

果物野菜を詰める箱の中にイワダレゴケを敷いて、果物などをディスプレーするときの飾りとして用いられることがある。またイワダレゴケは、抗菌作用や抗癌作用のある物質をもつ可能性が指摘されている[3][4][8]

脚注[編集]

  1. ^ Oekland, RH (1995). “Population biology of the clonal moss Hylocomium splendens in Norwegian boreal spruce forests. I. Demography”. Journal of Ecology 83 (4): 697–712. http://md1.csa.com/partners/viewrecord.php?requester=gs&collection=ENV&recid=3795430&q=Hylocomium+splendens&uid=792769599&setcookie=yes 2008年5月18日閲覧。. 
  2. ^ "Hylocomium splendens: Mountain Fern Moss" Rook.Org. Retrieved 16 May 2008.
  3. ^ a b c "Species Profile: Glittering wood-moss" Trees for Life. Retrieved 17 May 2008.
  4. ^ a b "Hylocomium splendens. Stair-step Moss" borealforest.org. Retrieved 17 May 2008.
  5. ^ "The Scottish Biodiversity List - Species & Habitat Detail: W18" BiodiversityScotland. Retrieved 17 May 2008.
  6. ^ a b 井上浩『フィールド図鑑 コケ』(1986年、東海大学出版会)p.165
  7. ^ Hylocomium splendens (Hedwig) Schimper”. Bryophyte Flora of North America. 2011年2月16日閲覧。
  8. ^ Kimb, S. H. et al. (2007) "Antibacterial activities of some mosses including Hylocomium splendens from South Western British Columbia" Institute for Aboriginal Health/Sciencedirect.com. Retrieved 17 May 2008.

外部リンク[編集]