イレーネー・アンゲリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イレーネー・アンゲリナ

イレーネー・アンゲリナ(Irene Angelina, 1177/1181年 - 1208年)は、東ローマ皇帝イサキオス2世アンゲロスと最初の皇后ヘリナの娘。

1193年、シチリアルッジェーロ3世と結婚するが、その年の12月に夫は急逝した。1194年12月、イレーネーはシチリアに侵攻したドイツ軍に捕らわれた。1197年5月、彼女はシュヴァーベン公神聖ローマ皇帝フィリップと結婚した。

父イサキオス2世アンゲロスは1195年に皇帝の座から追われたが、娘婿フィリップの協力で復位した。イレーネーの兄弟アレクシオスは第4回十字軍の侵攻の間、フィリップの宮廷に滞在した。イレーネーは、1204年にコンスタンティノープルへ到着した十字軍に少なからず影響を与えていたのである。

フィリップとイレーネーには、4人の子が生まれた。