イル・デ・パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューカレドニア、イル・デ・パンのユピ湾。

イル・デ・パンフランス語: Île des Pins, カナックKunyié)は、太平洋上に位置する島であり、ニューカレドニア列島に存在するフランスの海外領土である。同島を中心とした、ヌーヴェル・カレドニー準県(ニューカレドニア)に存在する同名のコミューンであるイル=デ=パンについても、本項で記述する。

概要[編集]

同島は、ヌーヴェル・カレドニー準県(ニューカレドニア)のコミューンであるイル=デ=パンの一部である。しばしば「天国にもっとも近い島」(フランス語: l'île la plus proche du paradis)のニックネームで親しまれる。日本では、その称号は森村桂の著作『天国にいちばん近い島』から、ロワイヨテ諸島の一部であるウベア島がそう呼ばれている。いろとりどりのラグーンでのシュノーケリングやスクーバ・ダイヴィングで知られる。数多くの種類の熱帯魚や珊瑚礁を、透明度の高い海水の中に見ることができる。

同島は、南緯22度37分 東経167度29分 / 南緯22.617度 東経167.483度 / -22.617; 167.483座標: 南緯22度37分 東経167度29分 / 南緯22.617度 東経167.483度 / -22.617; 167.483 に位置し、南北15キロメートル、東西13キロメートルの大きさである。ニューカレドニアの本島であるグランドテールの南東、同準県の首都ヌーメアから約100キロメートル南東に離れている。1,097メートルの滑走路をもつ空港(空港コード : IDP)を島内に有する。ニューカレドニア・バリア・リーフに取り囲まれている。

住民のほとんどは原住民のメラネシア人カナック(市全域93.9%)で、島人口は2006年現在で約2,000人である。1989年には1,465人であった。

同島は動物に富み、オウカンミカドヤモリや、ヤモリの世界最大種ツギオミカドヤモリ等、ユニークな種が生息している。島内固有の種のエスカルゴが生息し、島内でのみ食用に供され、島外への持ち出しは禁じられている。

エンガ山(ンガ山、Puc N'Ga)は標高262メートルで、島内最高峰の山である。幹線道路からの登山道がある。

略歴[編集]

イル=デ=パン
L'Île-des-Pins
—  コミューン  —
同市内のサン=ジョゼフ湾
イル・デ・パンの位置
座標: 南緯22度37分 東経167度30分 / 南緯22.62度 東経167.5度 / -22.62; 167.5
フランスの旗 フランス
準県 ヌーヴェル・カレドニー準県
プロヴァンス プロヴァンス・シュド
行政
 - 市長 イラリオン・ヴァンデグー
2008年 - 2014年
面積
 - 計 152.3km2 (58.8mi2)
標高標準標高 20m (66ft)
最高部 262m (860ft)
最低部 0m (0ft)
人口
 - 計 1,840人
 - 人口密度 12.1人/km² (31.3人/mi²)
  2004年 国勢調査
郵便番号 98832
INSEE 98809
民族構成 カナック 93.9%
ヨーロッパ人 4.9%
ポリネシア人 0.7%
その他 0.5%
(1996年)

1774年、ジェイムズ・クックニュージーランドへの2度目の渡航の際に発見した。背の高い同地固有のナンヨウスギ科の植物Araucaria columnarisが自生しているのを目撃したことにちなんで、「松の島」(現在の英名 Isle of Pines)と名づけた。クックは、上陸はしなかったが、住民が存在することを確認したといわれている。1840年代にプロテスタントとカトリックの両宣教師が、白檀商人とともに上陸している。

1853年にフランスが領有を宣言し、同時期に土着の島民たちがカトリックに改宗した。1872年には、同国の流刑地(en:Penal colony)となり、パリ・コミューンから3,000人ほどの政治犯が送り込まれた。1879年に全員が赦免され、本国に帰された。

コミューン[編集]

概要[編集]

フランスの行政区域としてのイル=デ=パンフランス語: L'Île-des-Pins)は、同島とコトモ島、同2島をとりかこむノカンウイ等などの小島、150キロメートル東に位置するウォルポール島を含めたフランスのコミューンである。

コミューンの行政的機能は、同島内の南東地区の集落ヴァオに置かれている。ヴァオは市庁舎、カトリック教会、学校、銀行(BCI カレドニア投資銀行)の存する同島の最大集落である。サン=モーリス湾を隔てた東側にはコトモ島と接している。1989年から市長を務めるイラリオン・ヴァンデグーは、1870年に女王となったオルタンスを生んだ酋長一族ヴァンデグーの末裔である。

おもな集落はほかに、キュト湾・カニュメラ湾に面したキュト、ウアメオ湾に面したコジュー、オロ湾に面したオロ等がある。

商業[編集]

ル・メリディアンホテル&リゾートがオロ地区に「ル・メリディアン・イル・デ・パン」を構えるほか、コジューやキュトにホテルや地元のカナックたちが経営するバンガローがある。コジューには島内唯一のダイヴィングサービスであるクニエ・スクーバ・センターがある。

食料品店は島内にわずかに点在するのみで、スーパーマーケット等はない。

交通[編集]

イル・デ・パンの内陸にある空港とヌーメアの国内空港であるマジャンタ空港を、毎日数便のエール・カレドニーのプロペラ機が結ぶほか、高速船が週に3往復する。離島へは定期船はない。

キュト、ヴァオ、コジューおよび空港を通る幹線道路以外はほとんど未舗装である。交通手段は、自家用車およびレンタカー、1社のみのタクシーである。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]